【漫画】妊活は忍活?!アラフォー不妊治療体験記-その後-【妊活】

アラフォー高齢、男性不妊アリ、タイミング法から体外/顕微授精までの不妊治療体験記ブログ。現在は不妊治療を終えその後の日々を漫画にしています。まだゆる妊活中、夫婦2人と保護猫2匹で生活しています!

オススメカテゴリー

海原こうめと申します。訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


今日は、第6話 卵巣嚢腫切除後・・・痛みで眠れない夜が明けても地獄という話です。
卵巣嚢腫手術後翌日、妊婦さんだらけの大部屋へ移動

手術後の夜は痛みで眠れず


手術後の夜は、傷の痛みでほぼ一睡もできぬまま朝を迎えました。

時折うとうととはするものの、ちょっと体を動かすと傷がズキズキするし足につけられたフットポンプ(静脈のうっ滞を防ぐ)がプシュープシューとうるさくて。

気になって気になって、本当につらい一晩でした・・・ううう。

いきなりの部屋移動、そしてすぐに自力歩行へ!


そして昼頃、「じゃあ部屋を移動しますね!」と明るく看護師さんに言われ「車いすか何かで運んでくれるのかな?」と思いきや

「ゆっくり起き上がって歩いてみましょう」とのこと!!もう歩くの!?早くね??

なんでも患部が癒着しないよう、できるだけ歩いて下さいと。ヒィ!スパルタ!

移動先は大部屋(妊婦さんがいっぱい)


まだ尿道には管入ってるし(導尿してるから)、点滴もしてるし傷口は痛いし、こ、この状態でマジで起き上がるの?歩くの・・・??と、ほんっとに最悪の状態でした☆

でも傷口の癒着はもっとイヤ!そんなわけで、頑張って歩きましたよ。

普段なら全然大したことのない距離なのに、今の私には果てしなく遠く感じた道のり・・・。(大げさ)

そしてたどり着いた移動先の4名用大部屋は、周りすべて妊婦さんという空間・・・!!

ちょびっとだけ複雑でした☆「私だけ妊婦ジャナイ」と。

やっぱりここは産婦人科メインの病院なんだなと改めて実感。

回復してきた証拠=ガス


「ガスが出たら回復してきた証拠ですよ!」

って看護師さんがニッコリ教えてくれたけど、こんなに周りにみっちり人がいるのにガス(要はオナラ)なんて出せないよオォォォ!!

間違ってすごいのが出ちゃったら、もうこの病院にはいられなくなるじゃないですか!

ならばと心置きなくガスをプップカ出せるように、個室希望の旨を伝えましたが、万床で移動することは叶いませんでした。残念。

次回へ続きます。

◆妊活ブログランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります! にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○

海原こうめと申します。訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


今日は第5話 いよいよ手術へ!―卵巣嚢腫と子宮筋腫切除―という話です。
手術日の前日から入院、全身麻酔で決行!

手術の前日から入院


入院と手術をしたのは地元では比較的大きめな婦人科でした(ただしメインは産婦人科)

手術日の前日から入院することになり、剃毛だの腸をからっぽにするために下剤を飲んだりと手術を受ける準備をしました(辛かった・・・!)

手術当日は夫がどうしても仕事が休めなかったので、急きょ義母に泊りがけの付き添いをお願いすることに。

ていうか、そもそもこの手術に泊りがけの付き添いが必要だと聞いていなかったんです・・・(早めにいってくれー!)

震災の影響がこんなところにも


どうやら東日本大震災の教訓で、「入院患者が自力で避難できない場合、患者を担ぎ上げて避難できるような付添人がいるのがベター」となったらしいのです。

で、さすがに開腹手術した当日は自力歩行は無理だろうから、その日だけは付添人がいた方がいいぞ!ということでした。

前もってお願いしていなかったにもかかわらず、付き添いを快諾してくれた義母には感謝しかありません。

手術は1時間程度で終わり


そしていよいよ手術日当日。午後1時から始まり、1時間程度で無事に終了☆

全身麻酔から目覚めるとすっごく寒くて寒くて・・・!
意識がもうろうとした中、自分の歯がガチガチ鳴っていたのをよく覚えています。

義母が「あの、すごく寒そうなんですけど」と心配そうに先生に話しているのが聞こえて、また眠りに落ちました・・・。

次回へ続きます。

◆妊活ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 



○●○●○●○●○●○●○●○●○

海原こうめと申します。訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


今日は第4話 開腹手術か腹腔鏡か?という話です。

開腹手術と腹腔鏡手術とどちらがいい?手術方法は2つ提示されました

腹腔鏡手術はまさかの半年待ち。そんなに待てない・・・!

手術方法は2通り


手術方法は2通り提示されました。開腹手術(術後ダメージ大)、腹腔鏡手術(術後ダメージ小)です。

でも当初は腹腔鏡手術で挑んでも、いざお腹の中を見て腫瘍を取り切れないと判断した場合は開腹手術に切り替えることもあるということです。

汚い醜い私の腹ですが、それでも一応はオナゴ。

傷は少ない方が嬉しいし術後も楽だろうしと思い腹腔鏡手術を選ぼうとすると、田舎のせいかまさかの半年待ち!そんなに?

医療格差?!腹腔鏡手術ができる医者不足


当時私の住んでいた土地には腹腔鏡手術を施術できる先生が少なく、半年先まで手術予定がぎっしりつまっているとのことでした。

しかし一度その気になった手術、そんなに待てない!

「あと○カ月後手術・・・」とカウントダウンしながら過ごすのはイヤーー!!!

選んだのは開腹手術


それに半年待って腹腔鏡にしても、腫瘍が取り切れない→結局開腹手術に・・・なんてこともありえるわけだし、もしそのパターンだったら

「あの手術を待っていた数カ月意味なし」と後悔するかもしれない。

だったら・・・傷は多少大きくなるかもしれないけれど、術後の回復も時間がかかるかもしれないけれど、覚悟を決めて開腹手術を選びました。

めっちゃ怖いけどやるしかない!

そしてこの選択は、のちの不妊治療に大きな影響を及ぼしますが・・・それはまた別の話。

次回に続きます。

○●○●○●○●○○●○●○●○●

◆妊活ブログランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 



○●○●○●○●○○●○●○●○●

海原こうめと申します。訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


診断は子宮筋腫と卵巣嚢腫。そろそろ本気で妊娠を焦らなければならない年齢の私に、背中を押した先生の一言とは

卵巣が腫れている・・・手術するか悩むところ


婦人科での診断は「右卵巣チョコレートのう腫」アンド「子宮筋腫」 でした。

特に右卵巣は腫れていてこの時点で5mm。

のう腫が大きくなると卵巣の根元が回転してねじれることがあり、そうなると激痛が伴うとのこと!

それはコワイ!!怖すぎる!!

なので手術推奨は6cm以上くらいと言われました。

私は今5cm。かなりビミョーなラインです。

でも放置しておけば生理のたびにのう腫は大きくなっていくのだろうし。ううむ。

手術をしない選択もある


すぐに妊娠希望でない場合は、半年ほど生理を止めて ホルモン治療という手があるそうですが、この時点で私は35歳、もうすぐ36歳になろうかというところです。

うまいことすぐに妊娠できたとしても、バッチリ高齢出産の年齢じゃないか・・・!

なのでここで半年生理を止めるという選択をする勇気はなく、だからといって急に手術なんて言われても・・・。

と悩める私に、先生の一言

「こういう手術をした後は妊娠しやすくなる」

これが背中を押してくれました。

まだのんびりモードが尾を引いていたものの、先生に「妊娠しやすくなる」なんて言われると、何となくその気になるというか何というか。

新たな世界への第一歩というか、何やらパアアアアと目の前にまた別の道が広がるというか・・・。

そんな不思議な気分になりました。

次回に続きます☆

◆妊活ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります! にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○

海原こうめと申します。訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。
このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


結婚してからも共働きで激務な日々で、気づけば数年が経過していました
※後日訂正・・・2コマ目にて「あっという間に1年経過」とありますが、正確には2年以上経ってました。スミマセン(;'∀')
その間受けた人間ドッグでとある病気が判明しまして

共働き夫婦の妊活


共働き夫婦だった私たち。

平日の帰宅時間は22時~23時、2人そろって夜勤や徹夜もアリというなかなかの激務。

そんな日々を夢中で過ごしていたら、あっという間に1年以上が経過しました。

もちろんこの間もそれなりにタイミングを取ったりしていましたが、いわゆる「排卵日を狙って」と意識していたわけでもなかったので毎月リセット続きなのは言うまでもありません☆

そんな中、会社で受けた人間ドッグで衝撃を受けることになります。

卵巣のう腫??なにそれ?


1次の婦人科検診で引っかかり、その後の精密検査後、卵巣の腫れ(チョコレートのう胞)&子宮にも筋腫アリと言われまして・・・!

今こそ芸能人などが様々な病名を公表して啓蒙になっていると思いますが、当時はまだそういうこともあまりなく、認知の薄い病名だったのでびっくりしました。

さらにさらにプラス予想外の「手術」の2文字。

これまで私の病歴と言えば風邪とか下痢くらいなのに!!!
あと頭痛!!(果たして病歴と言っていいのか)

自他ともに認める超健康体なんですけど、それがなんで手術?!しかも卵巣て?!

「チョコレートのう胞」とは


なんだか一見おいしそうな名前ですが

「20~30代の女性に多く、子宮内膜症が卵巣内に発症したもの。
月経の度に出血した血液がたまり、のう腫が作られる」んだそうですよ~。

なぜこうしたのう胞が作られるのか、現在もよくわかっていないとのこと・・・人体の神秘ですね。

それとおまけに子宮筋腫もついてきやがった・・・ウソオオオオオ!!!

と、しばらく呆然としてしまいましたよ。もう!何してくれてるんだ私の身体!!

先生は「手術してもいいかも?」くらいの言い方でしたが、さあどうする?

そんなわけで次回に続きます。

◆妊活ブログランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 


○●○●○●○●○●○●○●○●○

海原こうめと申します。訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


結婚はこうめ33歳夫のリロさん30歳の頃でした width=

新婚旅行先で解禁したものの妊娠することはなく続く日々

この先長い長い妊活の日々が始まります

妊活、不妊に無関心だった頃


私たち夫婦が結婚したのは

・こうめ(私)→33歳
・リロさん(夫)→31歳の頃です。

この頃は「妊活」のにの字もなく、「不妊」なんて頭をよぎることもなく、欲望のままに!という超シンプルな新婚夫婦でした。

交際半年ほどで入籍したので、なかなか恋人気分wが抜けずというのもありました。

「まだ子供はいいよね~まずは二人でできることを楽しもう!」「あちこち旅行も行きたいし、落ち着いたらそのうちできるよね」

とか「高齢出産って35歳以降だったよね☆まだ時間あるー♪」というのんびりさ。

そして排卵日?ナニソレ?という知識のなさ。
正直、どういう仕組みで妊娠するのかという理解も怪しかったという・・・。

30代過ぎているというのに、これはマズい!保健体育、イチから勉強し直すべし!!

入籍から半年後に新婚旅行で解禁


入籍から半年後に結婚式と新婚旅行が控えていたため、それまでは避妊していました。

新婚旅行先にていざ解禁したものの、リセット続きの日々。

でもまっったく焦ることもなく、のんびりのんびり構えていました。

そしておそらく今不妊に悩む夫婦のご多聞にもれず、「避妊をやめたらすぐ出来るでしょ」と思っていました。

きっと多くはそうなんですよね。

しかしウチはそうではなかった。残念ながら。

不妊の定義とは


ここ数年で、不妊の定義が変わりました。

「生殖年齢の男女が一定期間避妊することなく性交を継続的に行っているにもかかわらず妊娠が成立しないことを不妊という。その一定期間については1年というのが一般的」とのこと。

それまでは2年と言われていましたね。2年が1年て!いきなり半分に期間激減かよ!

妊活、不妊、これまでの人生で思いもよらなかった領域に足を突っ込むことになろうとは。
人生ってわかりませんね。

私たち夫婦の妊活の、長い長い道のりが始まりました。

というわけで、次回より妊活を始めるきっかけとなった出来事からスタートします。
よろしくお願いします!

◆妊活ブログランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 



○●○●○●○●○●○●○●○●○

1
2

<<総合目次に戻る>>

1
2
3
4
5


<<総合目次に戻る>>

1
2
3
4
5

<<総合目次に戻る>>

1
2

<<総合目次に戻る>>

1
2

<<総合目次に戻る>>

mokuji
2

<<総合目次に戻る>>

作者へ問い合わせ等ご連絡がある場合は、コチラのメールフォームからどうぞ
(こちらは事務連絡用ですので、感想やコメント、ご意見等は記事の方へお願いします☆)

  ↓各カテゴリーを選んでください↓