訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。
このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。
※リアルタイムではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)
 

前記事はコチラ!
2017年☆沖縄行ってきたYO!-1-(異常気象) 
2017年☆沖縄行ってきたYO!-2-(海の宝石箱とムーチー)
2017年☆沖縄行ってきたYO!-3-(沖縄の聖地!)

沖縄旅行記4_1
ガンガラーの谷は、数十万年前に鍾乳洞だった場所が崩れてできた谷だそうで、わしゃわしゃと亜熱帯の自然が残る森だそうです。

"数十万年前"って言われてもなんだかピンときません。

そして、1万八千年前に生きていた「湊川人」が住んでいた場所と言われています。
沖縄旅行記4_2

※画力の関係で大変伝わりにくいので写真もUPしておきます。

P1060380
浜ちゃん度90%・・・!!
特に目元と口元がイイネ!!

ツアーで用意してくれた水筒(さんぴん茶入り)を各自もらっていざ、自然の中をワイワイ歩きます。
DSC_1445

この日の参加者は20人ほどでした。
若いカポーから家族連れからご老人まで。
s-DSC_1422


そして最初のパワースポット、種之子御嶽(サニヌシーウタキ)。
種之子御嶽はイナグ洞とイキガ洞2つの洞窟から出来ていて、イナグ=女性、イキガ=男性を意味しているんだそうです!

まずはイナグ洞へ。
P1060396
中には入れないけれど、近づいて上から覗き込むことはOK。
人目を気にせず、拝ませていただきました☆

その後イキガ洞へ。
こちらは中へ入れます!
中はめっちゃ暗いので、1組ずつランプを手渡されて進みます。(冒険ぽくて楽しい♪)

s-DSC_1459


コチラがイキガ洞窟のご神体。
ガイドさんが入った画像しかないので、スタンプで隠させていただきました(怪しい?)
9sXyk1wd6qsuMjk1488683605_1488683835
ご神体に触れて拝むと子宝に恵まれるんだそう!
もちろんリロさんと一緒に触れて、よーーーく拝ませていただきました(^^)/

そして洞窟を出てまたちょっと歩くと、このツアーの大人気スポット「
ウフジュガジュマル」に到着!
s-DSC_1483

地上へ突き出た形の、高さ20メートルもある大きなガジュマルの木です。
P1060437
浜ちゃん・・・じゃなかった湊川人もかつてこのガジュマルを見上げたのかしら・・・なんて太古にしばし思いを馳せてみたり。

ツアーの所要時間は1時間20分ほど。
それなりに歩くので、体力のある日に歩きやすい靴で参加するのがオススメ!

旅の全工程を終了してレンタカーを返した後那覇空港へ。
名残惜しく最後の海ブドウをたっぷり堪能してから、帰路につきました☆

【オマケ】
ガンガラーの谷はもちろん、その辺の道路わきにわっさわさ生えていたクワズイモ・・・

↓↓↓コレです
DSC_1399


うちのクワズイモ
image1
しょぼーーん(´・ω・`)


とても同じ植物とは思えない・・・!!
えっ?クワズイモ・・・だよね?
買ったときは確かにクワズイモだったけど、途中で変わった?

沖縄の野生クワズイモの青々とした力強さに、うちのクワズイモに疑惑を持ったっつー話でした。


ランキング2か所参加中です。クリックして頂けると更新の励みになります! 
ブログランキング・にほんブログ村へ


↓LINEで更新情報を受け取れます☆


長くなってしまいましたが、沖縄旅行記にお付き合いいただいた方、本当にありがとうございました!