訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


第8話リメイク_アイキャッチ第8話リメイク_1 第8話リメイク_2

いよいよクリニック監修のタイミング法が始まりました。

さぼりがちだった基礎体温もキチンと測り、排卵日を予測するべく、卵胞の大きさをチェックするのに何度も通院します。

同時に感染症検査、プロラクチン負荷検査等を行いましたが、今のところ特に問題なしとのこと。よかったよかった。

そしていよいよ、夫婦生活を持つ日を先生から指定されまして・・・。

「おおこれが噂のタイミング法か~!」と驚いたものです。

他人にソノ日を指定されるって、えらい新鮮な体験ですね。(今となっては何とも思わなくなりましたが、当時はちょっとだけ気恥ずかしさもありました)

通院前にリロさんにはいろいろ相談していたつもりでしたが、「○日と△日でヨロシコ!」と突然私に言われて、やはり面食らった模様です。

計画的にタイミングを持つって難しい


これまで自由気ままにやってきた夫婦生活に、日付指定されたらそりゃーいい気分じゃないですよね。

わかってます。わかってるんですけど・・・「誰かに指示されてやるもんじゃない!」って、普通は思いますし、気分も萎えるってもんです。

急に義務感が出てきたリして、ムードもへったくれもないですし。

特に男性はデリケートだって言いますもんね~。

この辺は夫婦の価値観や足並みが揃っていないと、モメる原因になりがちです。

結婚して2年近く、穏やかなリロさんのおかげでほとんどケンカにならなかった私たちですが、この頃はタイミングを持つか否かで不穏なムードになることが時折ありました。

でもでも!今まで通りのやり方では授からなかったわけですから・・・。

どこかで変えていかないとなりませんし☆

通院している私はすっかり気持ちを切り替えているけれど、リロさんはまだそっち方面へ心の準備が出来ていなかったのかもしれません。

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ