訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。 ※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 
先日、歌手の大黒摩季さんが離婚していたと知りました。その理由が「子供を産めなかった罪の意識を抱えて生きるよりも彼の幸せを応援する人生を選んだ」というもの。私自身も子供を産めないこと、夫を父親にできないことへの罪悪感を抱えているのでかなり心に刺さりました。この罪の意識ってものすごく厄介で、どんなに夫が「不妊の原因は俺にある」「子供ができなくても二人で楽しく生きて行こう」と言ってくれていても
罪悪感フィルターを通してみてしまい、「そうは言っても本当は私の方に原因があると思っていない?」「本当は子供がすごく欲しいのに、私のせいで我慢させていない?」などつい世界が曇らせたり歪んで見せることがあると思うんです。
「私が悪いから・・・」と思っている一方で自分を守りたい思いもあるせいか、夫を悪者にする気持ちも出てきたリして( ;∀;)

非常に厄介です!!


でもこの変な罪悪感の一部は、やっぱり長年生きてきて植え付けられてきた世間体とか

普通はこうなんだよね、っていう「こうあるべき」な姿では無いことからくるのかなと・・・。
だからそういう変な罪の意識を持たないで済むような社会になって欲しい。例えば結婚すべきとか結婚したら子供がいるのは当然とか、「そういうのからはずれてはいけない」というしがらみがどんどん減って行けばいいと思う
もちろんそれだけじゃなくて

自分はこんなに子供が欲しいから夫もきっとそうだろう

とか過度な共感や思い込みからくる罪悪感とか・・・人それぞれ色んな要素もあるかと思います。

でもこういう社会的しがらみが減れば、本来必要ない罪悪感の部分は少しは減らせるんじゃないかなーと。
ちょっと話は変わりますが私は大黒摩季さんの歌で特に好きなのが「ゲンキダシテ」です。元彼への強がりはちょっと本音を覗かせつつなんというか女性の懐の深さを感じる歌詞です。その正直な歌詞が大好きです。これからも応援します!
当時まだ私は20代で、別れた相手への気持ちをこんな言葉と音楽で表現するんだなと、曲を聴くたびに私もこうありたい!なんて思ってました。

曲はあくまでも曲で別ものとはわかっていても、つい今回のことと重ねてしまいます(;^ω^)

離婚の是非や夫婦関係のことは他人にわからないし踏み込むことでもないので最後にひとつだけ・・・。

これからも応援しています!!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

以前はこんな記事も書きました→磯野貴理子さんの離婚でブチ切れかけた私へ夫の言葉は


それでは今日はこの辺で〜\(^o^)/

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
ブログバナー用_新LINEでお知らせボタン

◆Twitterでも更新をお知らせしています
ブログバナー用_新Twitteでお知らせボタン

◆Instagramでは過去記事を再掲しています
ブログバナー用_インスタボタン

◆不妊治療ブログが書籍化されました

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●