【漫画】妊活は忍活?!アラフォー不妊治療体験記-その後-【妊活】

アラフォー、低AMH、男性不妊アリの長い不妊治療体験記。現在は不妊治療を終えその後の日々を漫画にしています。まだゆる妊活は続行中!

オススメカテゴリー

カテゴリ: 妊活/不妊治療マンガ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


今日は第51話 環境が変わると妊娠する?
というお話です。

51話 引っ越しして専業主婦になると


退職が決まった時、周りからよく
「引っ越す+環境が変わる+専業主婦=妊娠」
的なことを言われました。

こういう公式、けっこう浸透してるのかなー。
何人かに同じ言葉をかけられ、

「そ、そうかな?そうかも?ウホホ」

ってすぐその気になって(単純)

「引っ越し先で、産婦人科も探しておいた方がいいんじゃ・・・?(真顔)」

なーんてうっすら考えるようにまで!

 

あまーーーい!!!
あまーーーい!!!
あまーーーい!!!
(やまびこ)

そんなわけで次回へ続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


今日は第53話 続・新生活スタート中の続きで

第54話 これは不正出血?!
というお話です。

54話 不正出血?!
周期18日目でなにやら出血が!
こ、これはまさかの不正出血??

着床出血というには早すぎるし、何ナニ何なのー??と脳内CPUをフル稼働してもわからず。

「これは心配するに値しない現象!!」
と堂々と現実逃避をしてその日をやり過ごすものの

結局翌日にリセット。

自己流タイミング周期、あっけなく撃沈!

「引っ越しして環境が変わって、もしかしたらすぐにでも妊娠するかも☆」

ぬぁんて甘いこと考えてたら、もう・・・もう・・・全然でしたね!!
やっぱり治療は続けないとダメなのね…と実感し、泣く泣く引っ越し先で新たなクリニック探しをスタートしました。

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


今日は第54話 これは不正出血?!の続きで
第55話 近所の転院先初診へGO!というお話です。

55話転院先初診へ
※食べるのが好きそう!なイメージです。

さー、そろそろ先生の書き分けが難しくなってきました。
全然にてねー!!

そこそこ近所で不妊治療専門医を見つけたので、そちらへ通ってみることに。

タイミングから体外(顕微)授精までできるので、AIHからのステップアップも考慮しての選択です。
ネットの口コミでは「不愛想な男性医師」というのがけっこうあって
かなり身構えて行きました。

次回へ続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


今日は前回記事

第55話 近所の転院先初診へGO!-1-の続きで
第56話 近所の転院先初診へGO!-2-というお話です。

第56話転院先初診へGO-2-
転院先の初診で、いきなり人工授精の日程を打診されました。

そ、そんなにさくっとAIHてできちゃうんだ・・・
初診だから~♪とのんびり構えすぎました。

さすが(と言っていいのか)不妊治療専門!

AIHくらいならすぐ出来るぜ!!ってことなんでしょう・・・か?
ちなみに心配していた不正出血の件は、

「周期が短ろうが、生理が来ればすべてリセットされて、その後卵がちゃんとできてるから問題なし」

とのことでした。

生理って本当にリセットなんですね。(今さらなにを)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


今回は
第57話 母親にならないとわからない
というお話です。

57話_1
57話_2


「母親にならないとわからない・・・」
「経験したことがないとわからない・・・」

ええわかりませんとも!!

でもさーじゃあ私も今なかなか妊娠できなくて悩んでる気持ちも…

わからないですよねー。

ってびっくりしつつも悲しくなった出来事でした。

しっかし、兄も結婚して子供が二人いるいい大人です。
同居しているとお互いの生活が見えてしまって、色々心配になるとは思いますが
放っておいていいと思うんですけどね。

まさか私の軽口で母を泣かせてしまうとは。

まあ、この時の母は、急に耳が遠くなった関連で少し体調不良もあり
かなりナーバスになっていたようでした。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


今回は第58話 転院後初!3回目の人工授精当日
というお話です。

58話
転院先の不妊治療専門医で、初の人工授精!
AIHの処置などは、ほぼ前クリニックと同様でしたので割愛しています。

違いがあった精液の持ち込みルールに関してのみ描いてみました。

近所だと採取後の経過時間を気にしないですむからいいですね!
もちろんフレッシュがいちばん!ですが、リロさんの仕事上、なかなかそうもいかないですし。

そういえば、このクリニックは不妊治療専門医だったにもかかわらず、院内採精はできなませんでした。(そういう場所がなかった)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


59話妊娠ジンクス


最後のコマ、楳図かずおさんタッチで描きたかったんですけど…画力不足で無理でしたw


数ある妊娠ジンクス・・・


私スルーされまくってますが、いつの日か

「私はコレで妊娠しました」的ネタを書ける日がくるのでしょうか。

ひとくちに”諦めた”って言っても難しい!
今はまだ諦めることもできないし、治療をきっぱり辞めるってのも厳しい・・・。
諦めたフリ・つもりも難しい・・・。

それはまだ無理!!

ちなみに我が夫リロさんは「諦めたら妊娠した説」を未だに信じてるみたいなんですけど

妊娠した=排卵日付近の夫婦生活を意識した=諦めてない
ってことじゃーないでしょうか?

不妊治療をしていた夫婦が、
本当の本当に何も意識せず、何となくで夫婦生活を持ったら当たった!

ってごくごくまれなことだと思うんです・・・。
ゼロとは言いませんが。

とすると

「諦めたら妊娠した」
じゃなくて

諦め半分のダメ元で排卵日付近にエチーしたら妊娠した」
という方が現実に近そう。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


60話 とうとう体外受精に言及


人工授精もじわじわと回数を重ね、5回目の施術が終わった後のことです。

いつもは
「運動率がちょっと…でも大丈夫」
くらいの言い方だったんですけど、だんだん・・・じわじわ・・・ざわざわ・・・

どんどん基準値を下回るようになってきたとのこと。

すでに5回目ですし、雲行きが怪しくなってまいりました。

そしてとうとう、先生の口から
「体外受精」のススメが!!

続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


体外受精やるのか問題


これは未だに考えることです。
体外受精、やるのか問題。
「そこまでして本当に私は子供が欲しいのか?」と。

何度も何度も考えました。
そして答えは、その都度コロコロと変わります。

100パー授かれるならばぜひにやりたいですが、いかんせんそうではない・・・。

高度治療を受けたからと言っても、妊娠できるのは20パーセントとも30パーセントとも聞きますよね。

そして、年齢が上がればどんどん確率は減ってゆく・・・。

もしうまくいかなかった時、何も得られず治療費だけがかかった事実を前に後悔しないのか?とか色々悩みまくりました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


62話すべて水泡に帰すのか-1-
とりあえず体外受精に進むかどうかはさておき、
今やれることをやろう!と
6回目の人工授精に向けて卵胞チェックと卵の育成に勤しんでいた頃。

リロさんの激務に拍車がかかりまして、深夜残業&徹夜がホイホイ入るようになりました。
私はというと、卵がなかなか育たず注射もしていました。

この時人工授精はあくまでも自然周期でやっていたので、
急に施術日が決まるなんてこともしばしばです。

そしてちょうど排卵期に、、徹夜になるかも宣言。

ええーーーー!!
まじですかーーー!!
わかってるんです!仕事大事です!!
わかってるんですけどね…。

モヤモヤしつつ、次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


今日は前回記事第62話 すべて水泡に帰すのかー1-
の続きで

第63話 すべて水泡に帰すのかー2-
という話です。

63話すべて水泡に帰すのかー2-


もちろんわかってるんです!

仕事が大事だってこと!!
リロさんが頑張って働いてるってこと!!
だからこそ生活できてるんだってこと!!

わかってるんですよーー!!

でもでもでも、人工授精にこぎつけるため
何度も通院して、嫌な内診して注射して~なんてやってて

それが全部無駄になるかもしれない・・・と思うと・・・

す、少しだけでも申し訳なさそうに

「ゴメン。仕事でどうしても無理なんだ」
って言ってくれたらいいな~なんて。

妻のつまんない(シャレにあらず)わがままかもしれませんが。

4コマ目は心の中の叫びです。
口には出さず(態度には出てたかも☆)、ぐっと堪えました。

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


67話体外受精の話合い


ちょっと絵でうまいこと表現できなかったのですが…

しばらく夫の仕事が忙しい&私の卵胞の育ち悪い→強制リセットなどで足踏み状態が続きました。

私ももうすぐ38歳。
さすがにちょっと焦りも出てきます・・・

「体外受精へステップアップ」の文字が脳裏にちらつきます・・・

まだ自分の中で、体外受精に進むかどうかを決心していたわけではありませんでした。

ただ、「自分がやる気になればいつでもやれる」状態にしておきたかった。

そのためにはリロさんの承諾は必須。

以前ちらっとリロさんに「体外受精はどう?」と何度か話したときには「いや、そこまでは・・・」と消極的な態度でした。

正直私もそのころは

「そこまではやらなくても…」って思ってましたからまあよかったのですが。


ので今回もリロさん的には

「体外受精まではやらなくてもいいんじゃない?」

と言われるかなとも思っていました。

 

しかし違ったーー!

何度か人工授精までやっていて妊娠しないこの状況になって、お互い考えは変わってきていましたね。

夫が「子供が欲しい」ときっぱり言ったのも、この時が初めてだったかもしれません。

そんなわけで「体外受精まではやらない・・・」から

「体外受精もやむなし」

へ方向転換していく我が家の妊活なのでした。
次回へ続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村


赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


68話検索魔


妊活中は、何かっちゅーと検索魔になりますよね~。

ほんで高度生殖治療、カネかかりますね~。
わかっちゃいたけど、体外受精へステップアップの最大ネックは金ー!

人工授精までとはケタ違いになりますもんね。

「我が子に会えるならお金なんて惜しくない!」
なんてきっぱり言えるわけもなく。

 

いや!100パー授かるのならまだ全然いいんですけど、意外に低い妊娠率。(前にも書いた気がします、この言葉)

賭けですよね…。
不妊治療がギャンブルに例えられるのもわかります。

そして体外受精へステップアップするなら、転院するか、現クリニックでやってみるかの判断。

リロさんは「わざわざ都内まで行かなくとも、病院なんてそれほど違いはないんじゃ?だったら今の病院でいいのでは」派。

私は・・・もはや思考停止。(オイ)

でも元々は体外やらなくていい派だった夫が、ここまで譲歩してくれたってのもあり、ここは夫の意見を尊重して、転院せず現クリニックでのステップアップに決めました。

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村


赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


声のデカイ受付の人に苦悩した時の話です。
声デカイよ?

ここのクリニックの受付さんは、基本声がデカかったです。
しーんと静かな中でもおかまいなしに私語も多かったなー。

 

で、先生に言われた通り、料金表を頂くべく受付に申し出たところ

「人工授精じゃなくて、体外受精の料金表ですか!?」

とデカイ声で聞き返されたーー!!!

えっ!!!

このクリニックで体外受精をやる人なんて珍しいってこと?!

と、かなりグルグルしちゃいました…(そしてその予感はあたってるぽい)
しかも人工も体外も、同じ用紙に料金が書いてありましたYO!

ますます聞き返した意味ーーー!!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


治療の不安を吐き出そう


体外受精&顕微授精の料金表を夫に見せたところ・・・やっぱりびびってました。
ダヨネーデスヨネー

数字の破壊力、すさまじい!!

特にこのクリニックの料金表は何というか、おおざっぱで。

体外受精・・・30万
顕微授精・・・40万

とざっくり大まかにしか書いていなかったんです。(誘発費・移植費別)

HPに費用の記載があるクリニックって大抵採卵にこの金額、受精・培養にこの金額~という風に、段階ごとに書いてありますよね。

でもこうして二人で不安だ不安だ言ってたら、なんか気持ちがスッキリしましてん。
口に出して気持ちを分け合うのって大事なんだなーと思った出来事でした。

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


顕微並みって言われる


最後の人工授精後日(トータル7回目)、排卵確認のため通院しました。

今回は特に精液所見が悪く(濃度:4000万/運動率:10%)で
人工授精をやるにもギリギリと言われていましたので

「採卵日の精液所見が今回のAIHと同じくらいだった場合、体外・顕微のどちらになるか」

を確認したかったんです。

その答えは即答で「顕微」とのことでした。

・・・・・・。
・・・・・・。
・・・・・・。

10万円UPか…(そこかよ)

というのは置いておいて

我が家の不妊原因として
私の高齢とか内膜症既往歴の他に、男性不妊もあるのかなーと思った出来事なのでした。

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ