【漫画】妊活は忍活?!アラフォー不妊治療体験記-その後-【妊活】

アラフォー、低AMH、男性不妊アリの長い不妊治療体験記。現在は不妊治療を終えその後の日々を漫画にしています。まだゆる妊活は続行中!

オススメカテゴリー

カテゴリ: 妊活/不妊治療マンガ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


妊活の印象1~3コマ


 

 

 

 

 

4コマ目


 

 

 

 

 

 

 

5コマ目象


 

謎のドヤ顔。

これは2年以上前の話ですが、いわゆる「妊活」という言葉から連想するのは

たくさん夫婦生活を持つ

ってのがまだまだ一般的だったかなーと。

最近だと少しは世の中に浸透してきてるんでしょうか。
(東尾理子さんとか大島さんとか元AKBの川崎さん等、妊活を公言する有名人が増えたし)

 

「旦那さんとやりまくってるんだね」のくだりは

言われた人によってはムキー!!セクハラ!となる言葉ですが、この友人は昔からあけっぴろげに何でも話してきた相手なので全然気になりませんでした。

むしろ

「コヤツ!相変わらずだな!w」

と安心しました。

次回へ続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


いよいよ高度治療領域へ


さー、いよいよ38歳!
リセットしたからと、落ち込んでいる暇はなし。

こうなったら満を持して(?)、高度不妊治療の領域へ進みます!

と覚悟を決めたところで、次回へ続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


初の採卵周期スタート

とうとうお初の採卵周期がスタートしました!

そしてこれまた初の、自己注射も始まります・・・。

体外受精の排卵誘発法には色々ありますが、こちらではアンタゴニスト法推しってことで、私もそれでGOが出ました。

自己注射、ちゃんと出来るかな・・・
卵はちゃんと育つのかな・・・

いろんな不安はあるけれど、進むしかありません!

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


初めてのジコチュー


さあ始まりました。採卵周期。
さあ始まりました。自己注射。(誘発)

注射なんかキライキライ。
でも、そうも言ってられないですもんね。

少しでも通院回数を減らせるなら、自己注射だってどんとこい。

ゴナールのペン型注射は針が細く、かつ腹の肉に刺すので、痛みはほぼほぼありません・・・がっ

やっぱり自ら、自分の腹に針を刺すのはすんごーーーーく怖かったです。

ジコチュー第一回目は、さすがに腹を出して針を刺すまで、しばし時間を要しましたYO!
慣れるまではガチガチに緊張してました。

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


静脈麻酔の不安


採卵時の大きな不安!

それは、静脈麻酔・・・。

このクリニックでは、見込み採卵数が少なければ局所麻酔も選べるようですが、初めてだしチョー怖いので静脈麻酔を選択することにしました。

 

でもでもでも!色んなブログを読みあさっていると

静脈麻酔の怖さもMAX!!!

意識があるまま採卵スタートとかナニ!!!
ホラーなんですけどーー!!

この時自分は一応酒は飲める方だという自負があったので

「酒に強いと麻酔も効きにくいらしい?」

という話も怖かったです。

ほんと・・・恐怖と不安と緊張の連続ですな。
そんなわけで次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

海原こうめと申します。訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


卵はいくつ育ったかな?


自己注射を始めて数日、初の卵胞チェック日です。

「どうしよう、思いのほかいっぱい卵が育ってたらー!キャー!!」
と浮かれていたのも束の間。

左に2個。
右にゼロ。

花畑、即終了~。
こんなんばっかだな。

卵2個って、低刺激とか自然周期ならわかるんです・・・。
でもこの時は、毎日自己注射して、薬剤の量もそこそこだったので・・・

いや~ちょっと期待しちゃってました。
その分がっくし。

しかも右卵巣ゼロて。うおおぉぉい!!(泣)

ちなみにこのクリニックではAMHの検査はしていません。
D3の内診でAFも診ていません。(そもそもD3で内診無し)

先生は「いい感じです」と言ってくれたけど…何をもっていい感じなのか。

不安が募ります・・・!!
次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


続自己注射


誘発方法はアンタゴニスト。薬の量は中刺激くらいでしょうか。
この後しばらくして判明するAMH(アンチミューラリアンホルモン)の値からすると、卵胞2個は妥当だなーと今なら思いますが、この時はもうショックで持ち直すのが大変でした。
でも!時は止まらないので自己注射は継続です。

ゴナールエフに加えてガニレストも自己注射仲間に追加されました。

そんなわけで次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


自己注射の副作用

自己注射にガニレストが追加されてからというもの・・・
ゴナールエフが増量されてからというもの・・・

「胃が!胃がぁあ!」

我が胃にムスカ降臨!

ひどい頭痛!
ひどい吐き気!

なぜ私だけがこんな目に・・・???
なーんて、治療中はブラックモードに陥り、何度もそう思うことがあります。
特に薬の副作用がつらいときなんかはもう!

不公平感半端ない。

休日のんきに寝ているリロさん、危うし。(休日くらい、寝かせてあげよう!)

てなわけで、次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


前回記事第80話 自己注射の副作用?-1-の続きです。
自己注射の副作用-2-

排卵誘発での自己注射。
いかに妻が大変かを知ってもらうため

リロさんが寝ていようがおかまいなし
自己注射をオラオラと見せつけてやりましたYO!

「痛くないんでしょ?」

って真顔で言われましたけどね…(寝起き)

・・・・・・。

いや、痛くないけどもさ
副作用があったり、そもそも毎日注射を打たなければならぬという、地味なストレスもあるわけで・・・

卵が育つか、とか気をもむストレスもあるわけで・・・
わかってないなー\(^_^)/チェッ

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


悲しき卵胞チェック卵胞はやっと1個増えて、左に3個となりました。
誘発も後半戦、この時点で増えるのってどうなの、嘘卵胞じゃないの(嘘ってなによ)っていう気にもなりますが☆

しかし全体的に卵胞がまだ小さいとのことで、ゴナールエフが倍量になりました…
それに伴い、ガニレストも延長です。

その分お会計が・・・!アワワ!!ガクブル!!
1回の通院で5万近くかかる(しかもニコニコ現金払い)と、さすがに少々恐れおののきましたよ。さすがのセレブ注射。

そして受付の人の一言。

うん、料金、高いお??
共感してくれるのは嬉しいんだけど…。
病院側の人に「高い」って言われると、なんかちょっと複雑な気分ーー!!!

そんなわけで次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


採卵日決定

採卵日決定_2

誘発剤を増量して3日後、再びの卵胞チェック。
この時点でD15でした。

誘発結果がもう不安で不安で、

「仕切り直しした方がいいのでは…?」

と喉から何度も出かけましたが。

先生は卵が見えるなら採りに行こう派。
もし仕切り直ししたとしても、卵が増えるとも限らない・・・

・・・・・・。

・・・・・・。

ああもう!ここで悩んでいても仕方がない!
せっかく誘発したし、ちゃんと受精するか、分割するかも確認したい!

検査も兼ねた治療っていう言葉にはちょっぴり引っかかりましたが)
ってなわけで・・・とうとう採卵日決定です。

翌日の午後9時半に提携病院にてHCG注射を打ち切り替え、その翌々日に採卵日となりました。

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


84話オタマリフレッシュ作戦

採卵日が近づいてくると、リロさん精液の心配もしなければなりませぬ。

我が家は排卵日以外はレス気味なので、放っておくと古ーいオタマが溜まってるかも!
※古いものは随時排出されているとも聞きますが、禁欲期間はなるべく2日以内がいいらしいです☆

なので採卵日が決まったら、オタマリフレッシュ(入れ替え)はマスト!
(この時は入れ替えせねばといそいそ夫婦生活を持ちましたが、特に誘発中は夫婦生活の刺激で排卵する恐れがあるため、採卵前の仲良しは避けた方がいいそうです。基本、クリニックから指示がある場合がほとんどだとは思いますが・・・。このクリニックでは特にそういった注意はありませんでした)

言いたいことは色々ありますが、次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


いよいよはじめての採卵日当日がやってきました!
85話採卵日当日

指定時間に来院して、まず現ナマで採卵費用をお支払いします。さようなら諭吉達よ・・・。

その後回復室という個室に通され、簡易手術着のようなものに着替えます。
そこでまずは麻酔の効きやすくなる注射をブスリ。(痛いやつです)

その後、いよいよ本格的なオペ室みたいな場所へ移動し、ベッドで横になります。(マタを開いて両足固定)

何されるの?!痛いことするの?!って、これがまた恐怖心をあおりますね…。

ド緊張です。

そして点滴から採卵前段階の麻酔を入れました。
これが・・・珍しい不思議体験をさせてくれましたYO!(私史上初)

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


86話_1

86話_2

画力不足で伝わらないかも知れませんが…

まだ本チャン麻酔じゃないにもかかわらず、採卵前段階麻酔中にマボロシを見ました!!
看護師さんの声が徐々に遠くなって、その代わりにエレクトリカルパレードの音楽と共に、赤ちゃんや派手なデコトラやマッチョなおじさん(謎)が次々出現。

チカチカしながら、立体的な映像でした…
ふと頭にパッパと思い浮かべては消えていくものを
脳内で再構築→映像化する能力が、なぜか研ぎ澄まされた!!

というイメージです。

3Dやら俯瞰やらでその映像をあちこちから眺めている?というかなんというか。

およそ10分もない時間でしたが、人生で3本指に入る不思議体験でした!

いやいやビックリ。
次回へ続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


第85話 はじめての採卵日当日-1-ビビリ中
第86話 はじめての採卵日当日-2-脳内劇場の続きで
第87話 「初めての採卵日当日-3-あっという間に」という話です。

87話_1

ようやく先生が登場し、「麻酔入りま~す」と言われてから
ストーーンと意識が落ちて、再び声をかけられるまで、記憶が全くありません。

でも麻酔が入り採卵が終わるまで、10分くらいのわずかな時間だったようです。
本当にあっという間!それに痛みを感じることもありませんでした。

スゴイ静脈麻酔!ちゃんと効いてくれていたようです。
でも麻酔は麻酔。やっぱりちと怖いですね・・・。

目が覚めた後は、少し頭がクラクラして乗り物酔いみたいな状態でした。

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


採卵は無事に終わったものの・・・?
88話採卵を終えて_1

88話採卵を終えて_2

なんとか無事に採卵は終えたものの、回復室で横になるとズキズキ右腹が痛くなってきました。

左腹はすーんと何ともないのに!何でーーー!?
採卵予想は左卵巣3個、右卵巣ゼロのはずですが

「も、もしかして、右卵巣も刺してみたら、うっかり卵が採れたとか!?」

と、ここにきてほのかな期待もムクムクと!

看護師さんには
「ゆっくり寝てくださいね」
と言われるものの

痛みで全然寝れネェー!まだ麻酔も覚めきっていないらしくすっごく眠いのに、うつらうつらしてもすぐに痛みで覚醒!の繰り返し。つらたん。

仕方なく看護師さんに痛みを訴えてみたら

「じゃあ、痛み止めの座薬を入れましょう☆」

とソッコーで対処してくれましたYO!
手際よくすぽっと入れてくれましたYO!!
さすがプロ・・・!!!でもちょっと恥ずかしかった!!

そんなわけで、次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ