妊活は忍活?!アラフォー不妊治療体験記-その後-

36歳から41歳までの5年間に渡る不妊治療体験記ブログ。アラフォー高齢、男性不妊アリ。タイミング法から人工授精、体外受精・顕微授精まで。現在は不妊治療を終えその後の日々を漫画にしています。まだゆる妊活中、夫婦と保護猫2匹で生活しています!

オススメカテゴリー

カテゴリ: 妊活こぼれ話

訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。 ※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 

今日は、以前の記事→現在の妊活について正直に書きます

のちょっとした続きになります。
体を見直そうと久しぶりに体重計に乗ったら・・・太ってら!!ちょっと数か月目を離した隙に・・・そして何回目だろうこのくだり。これでまた慌ててダイエットしてちょっと減らしてまた油断して増えて・・・の繰り返しで
結局じわじわ体重が増えている気がする!そんなときに見つけたのがこの本「10キロやせて永久キープするダイエット」この本の「我慢じゃなく習慣化する」という話に共感して購入してみました。というわけで妊活のためというより健康のためですが、「もう太らない!痩せを習慣化するダイエット」を始めました
あっ念のため、PR記事ではありません!自腹購入品です\(^o^)/

Amazonレビュー全部読んでから買いました
10キロやせて永久キープするダイエット
なんというかこの著者さんのダイエットあるあるがもう!

失敗ダイエットの歴史とか「ああ私もこれやった・・・」「ああこれも・・・」と自分にも身に覚えのあることばかり。

これまで色々なダイエットにチャレンジしてきたから、それなりにダイエットには詳しいのに痩せない(キープできない)のはなぜか!を心理学の先生と対話しながら解決していく本でした。

で、次回は本を読んでから具体的に何をしてるかを書きたいと思います\(^o^)/
○●○●○●○●○●○●○●○●○●
不妊治療と妊活漫画

◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
LINEお知らせボタン2

◆Twitterでも更新をお知らせしています
ブログバナー用_Twitterでお知らせボタン

◆不妊治療ブログが書籍化されました

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●


訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。 ※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 

今日は、以前募集したアンケート(現在は受付終了しています)
「このブログで読みたいテーマを教えてください」
のコメント内で頂いた質問へ回答してみたいと思います!
コメント内容
・現在の妊活についても気になります。

・私は不妊治療の件をいろいろ聞きたいです。自分も経験者&治療終了したのでその後の気持ちとかも聞きたいです。

・今現在されている妊活(運動、食生活など)について知りたいです・・・etc.

現在の妊活について、という質問をいくつかいただきましたが・・・正直に書くとちょっとセックスレス気味です!不妊治療をやめて自然に・・・と思い自己タイミング法を続けてきましたが繰り返されるリセットに「治療をやめたらできた」なんて奇跡は我が家に起こらないと思い知らされるばかり
そうすると時間とともにだんだん妊活への情熱が失われつつあります。そもそもタイミングは私が主導であり、私がこの日だよ!と夫に言わないと何もせずに光の速さで排卵日は過ぎていきます。そろそろ話し合わねば・・・と思いつつ日々の忙しさに流されている今日この頃です。
転勤になって夫の勤務形態も変わり、夜勤なんかも入ってくるのでなかなかタイミングを取るのが難しいものがあります・・・。

そしてこのお話をちょうど書き終わった頃、別サイト「ひまわりウーマン」の妊活ぼやき
の方に超タイムリーなレスへの不安に対するご質問をいただきました。

そちらへの質問にも数日中に回答させていただきますので、ちょっとお待ちいただけると嬉しいです。

よろしくお願いします!!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●
不妊治療と妊活漫画

◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
LINEお知らせボタン2

◆Twitterでも更新をお知らせしています
ブログバナー用_Twitterでお知らせボタン

◆不妊治療ブログが書籍化されました

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●


訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。 ※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 

今日は、以前募集したアンケート(現在は受付終了しています)
「このブログで読みたいテーマを教えてください」
のコメント内で頂いた質問へ回答してみたいと思います!
コメント内容
・今の話も聞きたいですが、過去の事も正直興味があります。今振り返るとどういう思いでそのとき対応したか等を参考にできればと思います。

・現在も不妊治療中なので今のこうめさんが改めて考えてみた治療についてなど知りたいなと思い・・・etc.

↓今回は、この辺の時期のお話です





東京都内の不妊治療クリニックで何度も採卵を繰り返した後、通っていた鍼灸院の勧めで初めて体外受精をした近所のNクリニックへ出戻りしたときのことです。正直出戻りするのはあまり気が進みませんでした。でもその時やりたかったのは人工授精だったし、だったら近所のクリニックでやれた方がいいな、という少々失礼な気持ちでした。そしたらまんまとお断りされました!
Nクリニックの先生の判断は私のこれまでの治療履歴を見たら正論でしたし誠実な答えだったとは思います。
それはわかっているけれど言われた時にはすごく傷つきました。不妊治療を続けるかどうかを悩んだ時、「こんなに悩むならいっそ先生から”もう諦めた方がいい”と言われたい」なんて本気で思ってましたが実際言われるとすごくキツイし、じゃあそれですぱっと諦められるかというとそう単純なものでもないなと。
結局は先生や周囲から何を言われようともそれで傷つこうがどうだろうが、判断も納得も自分次第、それしかないと思う今日この頃

当時の事を振り返ってみました。

不妊治療をどこまで続けるか、もう辞めるかどうかを悩んだ時によく考えたのは

「あーいっそのこと先生から”もう無理です”って言ってくんないかなー」でした。

「そうすればあがくことなく潔くやめられるのになー」とも。

でも実際似たような状況に直面すると

んなこたーない!


潔くなんて無理だったし言われた時のショックはなんかこう・・・ボディーブローのようにじわじわ効いてきたというか・・・(ボディーブロー食らったことないけど)

でもこのことは、辞めると決心するきっかけの小さな一つにはなったんだろうなと思います。

こう言われて、自分でまた色々考えて、また失敗して・・・の繰り返しの中で少しずつ判断したり納得したりが積もっていく感じでしょうか。

質問への回答にちゃんとなっているか不安ではありますが、今回は以上です!
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
あ、あと先日からヘッダー画像変更しました。

猫漫画も増えてきたので、ヘッダーに猫たちのイラストを入れてみました☆

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

不妊治療と妊活漫画

◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
LINEお知らせボタン2

◆Twitterでも更新をお知らせしています
ブログバナー用_Twitterでお知らせボタン

◆不妊治療ブログが書籍化されました

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●


訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。 ※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 

今日はコチラの記事→不妊治療を辞める前の気持ちを知りたい②

の続きになります。
不妊治療で最後に通っていたTクリニックでは特に「今回で治療を終わりにします」とは伝えませんでした。でもここに来るのはもう最後という気持ちはほぼ固まっていました
判定日の夜夫と話し合って数日後、気持ちも固まったので1年以上お世話になった鍼灸院の先生にだけは全部の通院を辞める旨を伝えました
この辺のことはブログで2週間ほど公開したあと、現在は書籍のみに載せている話だったりします。

今回は少し別バージョンで描いてみました。

こんな感じで不妊治療を辞める前~後のことあたりを描きましたが、質問のお答えになっているでしょうか・・・(ドキドキ)

アンケートで頂いた質問にはまた少しずつになるかと思いますが返信漫画を描いていく予定です!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

最後に私信です☆

別サイト「ひまわりウーマン」の妊活ぼやきの方へ質問いただいたえいこさんへ

質問をありがとうございます!

我が家の不妊治療にかかった費用の件は以前コチラの記事↓↓で描いたので、よかったら読んで頂けると嬉しいですー!

ではでは今日はこの辺で。
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

不妊治療と妊活漫画

サブブログ貧乏OLシリーズが現在第22話まで公開中です☆


◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
LINEお知らせボタン2

◆Twitterでも更新をお知らせしています
ブログバナー用_Twitterでお知らせボタン

◆不妊治療ブログが書籍化されました

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●


訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。 ※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 

今日はコチラの記事→不妊治療を辞める前の気持ちを知りたい①

の続きになります。
いざ不妊治療を辞めてみると、どんなふうに生きて行けばいいの?なんて考えることもなく時間が過ぎていくし、子供がいなくとも節目はあるし
望んだことが叶わない悲しみは確かにあるけれどこれまでの夫婦の日常が続いて行くから、その中で少しだけ勇気を出して違う楽しみや幸せを見つければいいかなと思います
不妊治療を辞めたら何もかもが止まってしまう気がしていたのですが、そんなわけもなく。

もう1話だけ続きます!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

不妊治療と妊活漫画

サブブログ貧乏OLシリーズが現在第22話まで公開中です☆


◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
LINEお知らせボタン2

◆Twitterでも更新をお知らせしています
ブログバナー用_Twitterでお知らせボタン

◆不妊治療ブログが書籍化されました

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●


訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。 ※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 

今日は、以前募集したアンケート(現在は受付終了しています)
「このブログで読みたいテーマを教えてください」
のコメント内で頂いた質問へ回答してみたいと思います!
コメント内容
私は今45歳で39歳から顕微授精までやっていますが今年は卵がなかなか出来ず年内で妊活をやめることにしました。
こうめさんの妊活を辞める前数か月の心理状態とか先生にどう説明したとか、知りたいです!

ご質問には「妊活を辞める前数か月の心理状態」とありますが、「不妊治療を辞める前の数か月」という解釈で話を進めますね(^^)/(一応妊活は継続中の身です・・・)

大体この辺のお話の時期になるかと思います。





最後の採卵にすると決心する前はクリニックに通いつつ人工授精とタイミング法を併用していましたが、「もしかしたらもう妊娠はできないのかも」「でもまだチャンスはあるかも」の繰り返しで諦め時を探しながらもその決心も出来ずにいました
この時通っていた不妊治療クリニックの先生に「本気で妊娠したいなら体外受精を」と何度もいわれて急かされた気持ちになりましたが、正直ああ言われなかったら最後の採卵の決心がもっと遅れたかもしれません
そしてこの悶々と停滞した時間を過ごしているのも嫌になってやっと「そろそろ決めなきゃ」という気持ちになりました。でもそれはそれでまた不安でした。ここ数年ずっと子供のいる未来を描いてきたから、急に別の未来?それで私は大丈夫?と自問自答
大げさでなく「これから私はどう生きて行けばいいの?」と考えたし子供が産まれるというのは人生の大きな節目で自分にも当然あるものだと思っていたから、それがないということはとても悲しいことではないか?と思いました
最後の採卵をする、と決めた時期のことを思い出して描いてみました。

これまで描いてきたこととかぶる部分があるとは思いますが・・・

で、もう少し続きがあります。

全部で3話くらいになる予定です。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

不妊治療と妊活漫画

◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
LINEお知らせボタン2

◆Twitterでも更新をお知らせしています
ブログバナー用_Twitterでお知らせボタン

◆不妊治療ブログが書籍化されました

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●


訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。 ※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 
ある日夫と釣りを楽しんでいたときのことです。釣りをしている近くの漁船で作業していたおじさんに声をかけられました
釣りをしているのはファミリー層も多かったせいか、私たちを見ておじさんはなにか思うこところがあったのかな?
「お子さんはいるの?」とおじさんは突然地雷を踏みぬいた! border=
子供は作らないんじゃなくて出来ないんですー!と心の声
子供はいた方がいい、最近の少子化がすごい、この辺の小学校も子供が少なくて廃校がすごいといろいろおじさんの他人の壁を軽々と超えた進撃が!
こんなことを言われて悲しかったけれど、おじさんにとって「子供がまだできそうな年齢に見えた」と喜ぶことにしました
全然喜べてない件。

フレンドリーなおじさんの悪気ない質問

たま~にこういうことに出くわします。

でも少子化のこととか言われてもね・・・
困っちゃうんですYO!

こればっかりは自分の意思でコントロールできないんで・・・

その分税金なんかで貢献するんで・・・うん・・・

そんな複雑な気分になった日のお話でした。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

あとブログのテーマに関してのアンケートにお答えいただきありがとうございました!
先ほど受付を終了いたしました。

ここ最近は日常話か猫関連話が増えて、妊活絡みのお話が減っていることを読者の皆さまはどう感じているのかを知りたかったんです。

不妊治療をやめてしばらく経つ自分がいつまでもそのことに触れているのもどうなんだろう?とか思うところもありまして。

でも治療を諦めた自分だからこその心境や変化を発信し続けることは、きっとまだまだ意味がある!はず!と改めて感じることができました。

これからも正直な心境を描き続けられるよう頑張ります。
思いがけずたくさん頂いたコメントはすごくすごく励みになりました・・・!

また何かあったらアンケートを実施させていただければと思います。

本当にありがとうございます!!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

不妊治療と妊活漫画

◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
LINEお知らせボタン2

◆Twitterでも更新をお知らせしています
ブログバナー用_Twitterでお知らせボタン

サブブログ貧乏OLシリーズの第19話を更新しました☆


◆不妊治療ブログが書籍化されました

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●



訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。 ※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 
以前夫に「採卵日に午前休を取る時、会社にはどう伝えていたの?」と質問したことがあります。すると「妻が手術するので付き添いたい」と言っていたそうです。
またもんもん系ですみません!

「採卵手術」といえば手術かも

採卵日が休日じゃなかったときは、夫は午前中だけ会社の休みをとるパターンが多かったです。

そのとき会社の人や上司にはどんなふうに伝えていたのか気になって、夫に聞いたことがありました。

そしたら「妻が手術するから付き添う」と言っていたと・・・。
手術か~!そうかー!

私は採卵はトータル12回やっていますが、そのたびに会社に伝えていたわけではないにしても

「頻繁に手術するんだなー」くらいには思われていたのかも?

なんて今さらながら気になったお話でした☆

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
引き続きアンケートをお願いしております!

どうぞよろしくお願いいたします(^^)/
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


サブブログ貧乏OLシリーズが現在第17話まで公開中です☆


◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
LINEお知らせボタン2

◆Twitterでも更新をお知らせしています
ブログバナー用_Twitterでお知らせボタン

◆不妊治療ブログが書籍化されました

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●


訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。 ※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 

結婚してもしばらく子供がいないと、子供の話をする際に気を使われることがあります。ちょっとだけ物申したい!
大丈夫?なんて聞くけど「大丈夫じゃないから子供の話はやめて」なんて言えるわけない!普通にしていて欲しい!というアラフォー妊活中心の叫び。
夫のアホー!(とばっちり)

子供の話題になっても謝らなくていいのに

過去といえば過去のことで、今回は会社員時代に言われたことを例に出して描きましたが
ここ最近にも似たようなことがありまして。

なんだろうあの謝られて悲しくなる瞬間・・・
「あっ私って子供がいなくてかわいそうって思われてる」と実感するからかな・・・?むーん・・・

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
【9/13追記】
コメントもメッセージもすべて大事に読ませていただいております!!本当にありがとうございます!!

まとめての返信となることをお許しください。

状況や立場が違えば感じ方や考え方も違ってくるわけで・・・

「不妊で辛いから配慮して!」という話ではなく「状況によってはこんなふうに思えてしまうこともあるよ」と知ってもらうことで

関係がギクシャクするのを事前に防げたりしないかなー?少しでも和らげられたりしないかなー?

なんて考えながら、正直に思ったことを描いてみました。

あ、でもちょっと愚痴を吐き出したい気持ちもありました(;^_^A


引き続きご意見いただければ嬉しいです!!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


サブブログ貧乏OLシリーズが現在第14話まで公開中です☆


◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
LINEお知らせボタン2

◆Twitterでも更新をお知らせしています
ブログバナー用_Twitterでお知らせボタン

◆不妊治療ブログが書籍化されました

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●


訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。 ※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 

今日は不妊治療に通っていた頃のお話です。
どの時期に通っていたクリニックのことかはぼかしております☆
不妊治療クリニックに通っていた頃、気になることはなるべく先生に質問するようにしていましたが、場合によっては冷たくあしらわれることもあり、質問するのが怖くなった時期がありました
その一方で「先生に質問しにくかったら看護師に聞いてくださいね」と言ってくれるクリニックもあり、実際質問するとその場で先生に確認してくれてその患者に寄り添った対応が嬉しかったです

先生よりも看護師さんの方が話しやすい・・・

たいていの不妊治療クリニックは激混みですし先生も忙しいので、あんまり診察に時間をかけても悪いな~とは思いつつ、でもこちらも気になることは確認しておきたい・・・!

でもたまーに冷たくあしらわれることもありました(;^_^A

その一方で「先生に聞きにくかったり聞きそびれたことがあったら看護師に言って下さいね」と看護師さんから声をかけていただき、いざ質問すれば先生にすぐ確認に走ってくれたり、という対応をしてくれるクリニックもありまして。

どちらかというと先生よりも看護師さんの方が話しやすい傾向があると思うし、こうした患者に配慮した対応をしてくれるとありがたかったな~とふと思い出したお話でした。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

不妊治療と妊活漫画

サブブログ貧乏OLシリーズが現在第10話まで公開中です☆
今週中に引っ越し作業が完了する予定でっす!


◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
LINEお知らせボタン2

◆Twitterでも更新をお知らせしています
ブログバナー用_Twitterでお知らせボタン

◆不妊治療ブログが書籍化されました

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●


訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。 ※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 
妊娠は椅子取りゲームとは違うから、自分よりあとに結婚した人が先に妊娠しても、自分より年上の芸能人が妊娠しても「先を越されたわけではない」そのはずなのに・・・この敗北感、虚無感はなに?
これまで見聞きしてきた話から、自分の中で「当たり前ライン」ができていてそのラインを全然越えられない自分とあっさりと越えていくように見える人たちと比べてしまい、それが余計自分を苦しめている

「先を越された」は違う・・・自分に言い聞かせています

お盆終了ですね!

我が家は先週のうちに所用があって私の実家へ行ってきました。

実家に帰ると以前言われたことを次々と思い出すんですよ・・・(根に持ってる)
これもそんなときに考えたお話の一部だったりします☆

この手の話は何度も描いてますが、まだまだ抜けだせてないのがバレバレ~!!
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

不妊治療と妊活漫画

サブブログ貧乏OLシリーズが現在第8話まで公開中です☆
 

◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
LINEお知らせボタン2

◆Twitterでも更新をお知らせしています
ブログバナー用_Twitterでお知らせボタン

◆不妊治療ブログが書籍化されました

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●


訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。 ※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 
少し前の話ですが、タレント磯野貴理子さんが24歳年下夫との離婚理由として「自分の子供が欲しいからと言われた」という内容の番組を観て「磯野貴理子さんは結婚当時ですでに40代後半だったはず、結婚する時点で2人の子供は持てないであろうことをわかっていたはずなのに、何言ってんだこの年下夫は!」と怒りがこみ上げました。
でも私の夫リロさんは「結婚した時ってこの夫はまだ20代前半だったんでしょ?子供のことなんてまだあまり考えたことがなかったかもよ」なんて超冷静な意見で、私も「そ、そうかも」と一気に鎮火
そこで私は考えました。「もし私がいつか夫に同じようなことを言われたらどうしよう?」と。貴理子さんみたいに「感謝しかない」なんて言えるかな?
実際夫に「離婚したい」なんて言われたら裏切り者!なんてつい言ってしまうかもしれない、でも辛い不妊治療で悩んだ時間も含め一緒に過ごしてきた同志として、強がりでもいいから最後には「あのときはありがとう」と言える覚悟はしておきたいと考えました

夫の冷静な言葉に我に返る

全ては憶測なので、人様の離婚にブチ切れたりするのも無意味なのに、ついつい!
子供がいないことが離婚理由!?と思うとやっぱり心穏やかではいられなくて。

我が家は男性不妊もあったとはいえ、メインの不妊原因はやっぱり自分だと今でも思っています。

だからこの先時間が経って、もし夫が「やっぱり血のつながった自分の子供が欲しい」と言うことがあったら・・・?
思わずそんなことを考えてしまいました。

・・・なんてごちゃごちゃ考えていたら、すっかりUPするのが遅くなってしまったこの話。

世間は小泉進次郎さんと滝川クリステルさんの結婚&妊娠でにぎわってますね!
もう少々のことじゃ動じないぜ!(たぶん)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

不妊治療と妊活漫画

サブブログ貧乏OLシリーズが現在第7話まで公開中です☆
 

◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
LINEお知らせボタン2

◆Twitterでも更新をお知らせしています
ブログバナー用_Twitterでお知らせボタン

◆不妊治療ブログが書籍化されました

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●


訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。 ※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 
不妊治療中落ち込んでいると夫によく言われたことは「俺の会社は子供いない夫婦が多いよ」


でも辛い真っ最中の私はそんな言葉に聞く耳を持てずに怒りすら感じていました
遅いよ(夫談)

不妊治療をやめてわかってきたこと

悲しい!うまくいかない!の最中は夫の言葉ですら聞く耳持てなかったときもありました。

でも治療をやめて時間が経ってきたら、「あーなんかあのとき自分は全然冷静じゃなかったな」なんてふと思い返します。

「子供が欲しい」と望んでも子供がいない、産めない状態が続くと必要以上に「どうして私だけが」と陥りがちだし悲しいもんは悲しいしそこはもう仕方ない!

でも「自分ばっかりが不幸!」と考える状態が続くのはつらい・・・。

「不妊はそこまで特別でもない」と思うことが正しいのかはわかりませんが、自分を1歩引いて冷静に見ることには役立ちそうだし、”自分ばかりが”でいっぱいだった頭の中に少しでも余裕を持たせることが出来るかも・・・?なんて考えました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

不妊治療と妊活漫画
サブブログ貧乏OLシリーズがスタートしています
 

◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
LINEお知らせボタン2

◆Twitterでも更新をお知らせしています
ブログバナー用_Twitterでお知らせボタン

◆不妊治療ブログが書籍化されました

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●


訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。 ※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 
アメーバの妊活ブログで○○先生のメソッド知ってる?の質問へお答えします。アメブロの妊活ブログは今でも読んでいるのでその方のブログも知っています。ですが体質改善は不妊治療中に試しているので、今後も特定のメソッドを試すことはありません。
猫は子供の代わり?の質問へお答えします。猫は家族ですが子供とは別物です。猫がいるから子供はもういらない、というわけではありません

体質改善は自分で出来る範囲のものを

質問頂いたアメブロの方に関して、もし先方に何かご迷惑がかかってはまずいので固有名詞は出さないでおきます。

体質改善は不妊治療中の後半1年以上は続けていたので(体質改善カテゴリ参照)またそういうものを今から試すというのは考えていません。

自分の生活の中で無理なくできるものをやろう、くらいのゆるい気持ちでおりますです。

また、最近猫関係の更新が増えたせいか「もう猫がいればいいの?子供はあきらめたの?」という質問もいただいてます。

子供ができないから代わりに猫を引き取ったわけでもなくて、そこはあまり関係ないかな?

あくまで猫さんは猫さんで、大好きです\(^o^)/

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

不妊治療と妊活漫画

サブブログ貧乏OLシリーズがスタートしています


◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
LINEお知らせボタン2

◆Twitterでも更新をお知らせしています
ブログバナー用_Twitterでお知らせボタン

◆不妊治療ブログが書籍化されました

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●



訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。 ※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 
美容室でファッション雑誌を見ていたら、ママにも色々カテゴリ分けがありました。でも自分も、ママじゃなくても無意識にカテゴリ分けしているなと気づいた日

できれば自分と境遇が近い人と・・・の気持ち

例えば誰かと知り合いになったとき、そのお相手の状況はちょっと気になるところで・・・

不妊治療中もそうだったし今でもそうなのですが

子供がいるかいないか、いないならばそれは自らの選択なのか、頑張ってもなかなかできない、なのか・・・ついつい気になってしまいます。

自分と境遇が近い人の方が仲良くなりやすいし親近感がわくのでどうしてもそう考えがちで(;^_^A

でもそろそろこういう考え方から脱却して行きたいです・・・!!

なんてことを美容室の雑誌を読みながら考えていました☆

ところでリーだけマムなのなんでだろう(特に気になった)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

【私信】昨日メッセージを頂いたさやさん、ありがとうございました!!
失礼なんてことは全然ありません!すごくすんごく励みになります~!!
こうして気にして励ましていただけること、続きを楽しみにしてると言ってもらえるのが何より嬉しいです。
つまずいてばかりですがまだまだ頑張ります。本当にありがとうございます!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

不妊治療と妊活漫画

サブブログで新しいシリーズを始めました。詳細は後日
こうめどっとねっとバナー用2

◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
LINEお知らせボタン2

◆Twitterでも更新をお知らせしています
ブログバナー用_Twitterでお知らせボタン

◆不妊治療ブログが書籍化されました

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●



訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。 ※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 
長いこと妊活ブログを描いているのに、ずっと書けなかったことがあります。それは・・・
採卵時期を占いで決めたことがあるということです。採卵しても卵子成熟せず、もしくは分割停止など撃沈続きだった時期で、とにかくなにか頼りになる情報が欲しかったのです
夫は「占いなんて」とあきれ顔でしたがなんだかんだ否定せず話を聞いてくれていたので感謝しています

自分でコントロールできないことに疲れていた頃

採卵しても未成熟卵が成熟せず、もしくは分割停止など移植にすら進めず停滞していた頃のことです。

この時期はもう正直、自分でコントロールできないことに対して向き合うのに疲れていたというか・・・

自分のカラダガー、ランシガーとか不妊原因ぽいことは自覚している一方で、「子供が欲しい」と思えばすぐ妊娠する人もいる。

わかっちゃいるけどその個人差に凹むこともう何百回か( ;∀;)

撃沈続きで、この先も採卵をするたびにこんな思いをするのか・・・と考えるともう本当に怖くて、何か少しでも救いになるような、気持ちを前向きにできるような情報が欲しくて仕方がなかったです。

描くのにちょっと抵抗感があったわけ

で、なんとなーく「占いで採卵時期を決めた」なんてブログに描くのにずっと抵抗がありました。(え?今さら?!)

さすがにそれは引く・・・とか思われるんじゃなかろうかと。

でももう過去の事だし、同じような気持ちになった人もきっといる!ハズ!と思って描いてみました。

そして夫は「占いなんて」とかなりあきれ顔でしたが、なんだかんだ否定せずに結果を聞いてくれてたので多分気を使わせてたんだろうなぁと思います・・・(;^_^A

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

不妊治療と妊活漫画

サブブログも6/28に更新しました!

◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
LINEお知らせボタン2

◆Twitterでも更新をお知らせしています
ブログバナー用_Twitterでお知らせボタン

◆不妊治療ブログが書籍化されました

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●