妊活は忍活?!アラフォー不妊治療体験記-その後-

36歳から41歳までの5年間に渡る不妊治療体験記ブログ。アラフォー高齢、男性不妊アリ。タイミング法から人工授精、体外受精・顕微授精まで。現在は不妊治療を終えその後の日々を漫画にしています。まだゆる妊活中、夫婦と保護猫2匹で生活しています!

オススメカテゴリー

カテゴリ:妊活/不妊治療マンガ > Nクリニック

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


今日は第54話 これは不正出血?!の続きで
第55話 近所の転院先初診へGO!というお話です。

55話転院先初診へ
※食べるのが好きそう!なイメージです。

さー、そろそろ先生の書き分けが難しくなってきました。
全然にてねー!!

そこそこ近所で不妊治療専門医を見つけたので、そちらへ通ってみることに。

タイミングから体外(顕微)授精までできるので、AIHからのステップアップも考慮しての選択です。
ネットの口コミでは「不愛想な男性医師」というのがけっこうあって
かなり身構えて行きました。

次回へ続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


今日は前回記事

第55話 近所の転院先初診へGO!-1-の続きで
第56話 近所の転院先初診へGO!-2-というお話です。

第56話転院先初診へGO-2-
転院先の初診で、いきなり人工授精の日程を打診されました。

そ、そんなにさくっとAIHてできちゃうんだ・・・
初診だから~♪とのんびり構えすぎました。

さすが(と言っていいのか)不妊治療専門!

AIHくらいならすぐ出来るぜ!!ってことなんでしょう・・・か?
ちなみに心配していた不正出血の件は、

「周期が短ろうが、生理が来ればすべてリセットされて、その後卵がちゃんとできてるから問題なし」

とのことでした。

生理って本当にリセットなんですね。(今さらなにを)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


今回は第58話 転院後初!3回目の人工授精当日
というお話です。

58話
転院先の不妊治療専門医で、初の人工授精!
AIHの処置などは、ほぼ前クリニックと同様でしたので割愛しています。

違いがあった精液の持ち込みルールに関してのみ描いてみました。

近所だと採取後の経過時間を気にしないですむからいいですね!
もちろんフレッシュがいちばん!ですが、リロさんの仕事上、なかなかそうもいかないですし。

そういえば、このクリニックは不妊治療専門医だったにもかかわらず、院内採精はできなませんでした。(そういう場所がなかった)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


60話 とうとう体外受精に言及


人工授精もじわじわと回数を重ね、5回目の施術が終わった後のことです。

いつもは
「運動率がちょっと…でも大丈夫」
くらいの言い方だったんですけど、だんだん・・・じわじわ・・・ざわざわ・・・

どんどん基準値を下回るようになってきたとのこと。

すでに5回目ですし、雲行きが怪しくなってまいりました。

そしてとうとう、先生の口から
「体外受精」のススメが!!

続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


67話体外受精の話合い


ちょっと絵でうまいこと表現できなかったのですが…

しばらく夫の仕事が忙しい&私の卵胞の育ち悪い→強制リセットなどで足踏み状態が続きました。

私ももうすぐ38歳。
さすがにちょっと焦りも出てきます・・・

「体外受精へステップアップ」の文字が脳裏にちらつきます・・・

まだ自分の中で、体外受精に進むかどうかを決心していたわけではありませんでした。

ただ、「自分がやる気になればいつでもやれる」状態にしておきたかった。

そのためにはリロさんの承諾は必須。

以前ちらっとリロさんに「体外受精はどう?」と何度か話したときには「いや、そこまでは・・・」と消極的な態度でした。

正直私もそのころは

「そこまではやらなくても…」って思ってましたからまあよかったのですが。


ので今回もリロさん的には

「体外受精まではやらなくてもいいんじゃない?」

と言われるかなとも思っていました。

 

しかし違ったーー!

何度か人工授精までやっていて妊娠しないこの状況になって、お互い考えは変わってきていましたね。

夫が「子供が欲しい」ときっぱり言ったのも、この時が初めてだったかもしれません。

そんなわけで「体外受精まではやらない・・・」から

「体外受精もやむなし」

へ方向転換していく我が家の妊活なのでした。
次回へ続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村


赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


声のデカイ受付の人に苦悩した時の話です。
声デカイよ?

ここのクリニックの受付さんは、基本声がデカかったです。
しーんと静かな中でもおかまいなしに私語も多かったなー。

 

で、先生に言われた通り、料金表を頂くべく受付に申し出たところ

「人工授精じゃなくて、体外受精の料金表ですか!?」

とデカイ声で聞き返されたーー!!!

えっ!!!

このクリニックで体外受精をやる人なんて珍しいってこと?!

と、かなりグルグルしちゃいました…(そしてその予感はあたってるぽい)
しかも人工も体外も、同じ用紙に料金が書いてありましたYO!

ますます聞き返した意味ーーー!!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


治療の不安を吐き出そう


体外受精&顕微授精の料金表を夫に見せたところ・・・やっぱりびびってました。
ダヨネーデスヨネー

数字の破壊力、すさまじい!!

特にこのクリニックの料金表は何というか、おおざっぱで。

体外受精・・・30万
顕微授精・・・40万

とざっくり大まかにしか書いていなかったんです。(誘発費・移植費別)

HPに費用の記載があるクリニックって大抵採卵にこの金額、受精・培養にこの金額~という風に、段階ごとに書いてありますよね。

でもこうして二人で不安だ不安だ言ってたら、なんか気持ちがスッキリしましてん。
口に出して気持ちを分け合うのって大事なんだなーと思った出来事でした。

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


顕微並みって言われる


最後の人工授精後日(トータル7回目)、排卵確認のため通院しました。

今回は特に精液所見が悪く(濃度:4000万/運動率:10%)で
人工授精をやるにもギリギリと言われていましたので

「採卵日の精液所見が今回のAIHと同じくらいだった場合、体外・顕微のどちらになるか」

を確認したかったんです。

その答えは即答で「顕微」とのことでした。

・・・・・・。
・・・・・・。
・・・・・・。

10万円UPか…(そこかよ)

というのは置いておいて

我が家の不妊原因として
私の高齢とか内膜症既往歴の他に、男性不妊もあるのかなーと思った出来事なのでした。

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


初の採卵周期スタート

とうとうお初の採卵周期がスタートしました!

そしてこれまた初の、自己注射も始まります・・・。

体外受精の排卵誘発法には色々ありますが、こちらではアンタゴニスト法推しってことで、私もそれでGOが出ました。

自己注射、ちゃんと出来るかな・・・
卵はちゃんと育つのかな・・・

いろんな不安はあるけれど、進むしかありません!

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


初めてのジコチュー


さあ始まりました。採卵周期。
さあ始まりました。自己注射。(誘発)

注射なんかキライキライ。
でも、そうも言ってられないですもんね。

少しでも通院回数を減らせるなら、自己注射だってどんとこい。

ゴナールのペン型注射は針が細く、かつ腹の肉に刺すので、痛みはほぼほぼありません・・・がっ

やっぱり自ら、自分の腹に針を刺すのはすんごーーーーく怖かったです。

ジコチュー第一回目は、さすがに腹を出して針を刺すまで、しばし時間を要しましたYO!
慣れるまではガチガチに緊張してました。

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


私には初めての採卵にあたり、大きな不安がありました。それは静脈麻酔です!今通っている不妊治療クリニックでは局所麻酔と静脈麻酔と選べますが、意識があると怖さ倍増なので静脈麻酔で行こうと思っています。

採卵の時の麻酔は静脈麻酔にする・・・けど不安なことが


採卵時の大きな不安!

それは、静脈麻酔・・・。

このクリニックでは、見込み採卵数が少なければ局所麻酔も選べるようですが、初めてだしチョー怖いので静脈麻酔を選択することにしました。

でもでもでも!あちこち妊活ブログを読みあさっていると

静脈麻酔の怖さもMAX!!!

静脈麻酔の効きが弱くて、意識があるまま採卵スタートとか・・・嘘でしょ!?
ホラーなんですけどーー!!

この時自分は一応酒は飲める方だという自負があったので

「酒に強いと麻酔も効きにくいらしい??」

という話も怖かったです。

本当に・・・不妊治療は未知の恐怖と不安と緊張の連続ですね。

そんなわけで次回に続きます。

○●○●○●○●○○●○●○●○●

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります! にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 
○●○●○●○●○○●○●○●○●

海原こうめと申します。訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


卵はいくつ育ったかな?


自己注射を始めて数日、初の卵胞チェック日です。

「どうしよう、思いのほかいっぱい卵が育ってたらー!キャー!!」
と浮かれていたのも束の間。

左に2個。
右にゼロ。

花畑、即終了~。
こんなんばっかだな。

卵2個って、低刺激とか自然周期ならわかるんです・・・。
でもこの時は、毎日自己注射して、薬剤の量もそこそこだったので・・・

いや~ちょっと期待しちゃってました。
その分がっくし。

しかも右卵巣ゼロて。うおおぉぉい!!(泣)

ちなみにこのクリニックではAMHの検査はしていません。
D3の内診でAFも診ていません。(そもそもD3で内診無し)

先生は「いい感じです」と言ってくれたけど…何をもっていい感じなのか。

不安が募ります・・・!!
次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


続自己注射


誘発方法はアンタゴニスト。薬の量は中刺激くらいでしょうか。
この後しばらくして判明するAMH(アンチミューラリアンホルモン)の値からすると、卵胞2個は妥当だなーと今なら思いますが、この時はもうショックで持ち直すのが大変でした。
でも!時は止まらないので自己注射は継続です。

ゴナールエフに加えてガニレストも自己注射仲間に追加されました。

そんなわけで次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


悲しき卵胞チェック卵胞はやっと1個増えて、左に3個となりました。
誘発も後半戦、この時点で増えるのってどうなの、嘘卵胞じゃないの(嘘ってなによ)っていう気にもなりますが☆

しかし全体的に卵胞がまだ小さいとのことで、ゴナールエフが倍量になりました…
それに伴い、ガニレストも延長です。

その分お会計が・・・!アワワ!!ガクブル!!
1回の通院で5万近くかかる(しかもニコニコ現金払い)と、さすがに少々恐れおののきましたよ。さすがのセレブ注射。

そして受付の人の一言。

うん、料金、高いお??
共感してくれるのは嬉しいんだけど…。
病院側の人に「高い」って言われると、なんかちょっと複雑な気分ーー!!!

そんなわけで次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


採卵日決定

採卵日決定_2

誘発剤を増量して3日後、再びの卵胞チェック。
この時点でD15でした。

誘発結果がもう不安で不安で、

「仕切り直しした方がいいのでは…?」

と喉から何度も出かけましたが。

先生は卵が見えるなら採りに行こう派。
もし仕切り直ししたとしても、卵が増えるとも限らない・・・

・・・・・・。

・・・・・・。

ああもう!ここで悩んでいても仕方がない!
せっかく誘発したし、ちゃんと受精するか、分割するかも確認したい!

検査も兼ねた治療っていう言葉にはちょっぴり引っかかりましたが)
ってなわけで・・・とうとう採卵日決定です。

翌日の午後9時半に提携病院にてHCG注射を打ち切り替え、その翌々日に採卵日となりました。

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


いよいよはじめての採卵日当日がやってきました!
85話採卵日当日

指定時間に来院して、まず現ナマで採卵費用をお支払いします。さようなら諭吉達よ・・・。

その後回復室という個室に通され、簡易手術着のようなものに着替えます。
そこでまずは麻酔の効きやすくなる注射をブスリ。(痛いやつです)

その後、いよいよ本格的なオペ室みたいな場所へ移動し、ベッドで横になります。(マタを開いて両足固定)

何されるの?!痛いことするの?!って、これがまた恐怖心をあおりますね…。

ド緊張です。

そして点滴から採卵前段階の麻酔を入れました。
これが・・・珍しい不思議体験をさせてくれましたYO!(私史上初)

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ