妊活は忍活?!アラフォー不妊治療体験記-その後-

36歳から41歳までの5年間に渡る不妊治療体験記ブログ。アラフォー高齢、男性不妊アリ。タイミング法から人工授精、体外受精・顕微授精まで。現在は不妊治療を終えその後の日々を漫画にしています。まだゆる妊活中、夫婦と保護猫2匹で生活しています!

オススメカテゴリー

カテゴリ: 読者さん体験談

訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。
※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 

今日は以前コチラの記事↓で募集した

妊活&不妊治療に関する読者さんの体験談を漫画にしました第4弾です。

全3話(予定)になります。
採卵日前の診察で「卵は8個ほど採れそうです。前回までは無麻酔で採卵していますが、今回は数もあるので麻酔ありをおすすめします」と先生に言われ、はじめて麻酔をいれて採卵することになりました。採卵日当日、看護師さんが点滴で麻酔を入れようとしたら
血管を探して看護師さんが苦悩。やっと針を刺しても血管が逃げる・・・らしく!他の看護師さんに代わってもやっぱり難しいようでした。
変なところで切ってすみません!描くのがががが~~遅いぃぃぃぃ~!

不妊治療をしていると、血液検査やこうした採卵日の麻酔も然り、何かと注射の機会が多いですよね。

このお話は大切な採卵日の麻酔ハプニングということで、頂いた体験談の文章を読んでいるだけでも臨場感があってうおー!と思い(語彙力ゼロか)描かせていただきました(^^)/

体験談を教えてくださったパンダさん、ありがとうございます!

次回に続きます!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

赤ちゃんを待ち望んでいました①-義祖母の言葉【読者さん体験談1】


不妊治療で泣いたときのこと①-夫の態度ー【読者さん体験談2】


子供のいる友達の愚痴とアドバイスを聞いて①【読者さん体験談3】


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
ブログバナー用_新LINEでお知らせボタン

◆Twitterではブログに載せていない猫写真なども
ブログバナー用_新Twitteでお知らせボタン

◆Instagramでは過去記事を再掲しています
ブログバナー用_インスタボタン

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 


○●○●○●○●○●○●○●○●○●




訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。
※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 

今日は前回の記事↓

の続きになります!
不妊治療の事は家族以外に話していませんし、友人に理解して欲しいと思うのは無理があるのは分かっています。ただ、私がフルタイムで働かないのは通院があるからですし不妊治療をしている私にとって子供が産まれてくる月を調整する暇もありません。毎月が勝負なんです。
友人同士でも年齢を重ねてくると状況が変わってきます。結婚や子供、みんながそれを手にしているわけではありません。「自分にとってあたりまえ」という考えを相手に押し付けたり、聞かれてもいないアドバイスをするのは不要だと思います。私も人と話すときは相手の立場に立とうと深く考えさせられた出来事でした
友達同士の付き合いも、色々考えるものがありますよね。

相手はきっと悪気が無いパターンも多いし、きっと良かれと思って言ってくれてる・・・はず・・・?。

むしろ「こういうのを気にする自分が性格悪いのかな・・・?」と自分を責めたり落ち込んだりすることも、私はありました。

でも落ち込むだけじゃなくて、自分を振り返ったり知ることも学ぶこともきっとたくさんあるから、不妊でも悪いことばかりじゃない!(よかったとは言わないです)なんてこのお話を描きながら考えていました。

改めて体験談を教えてくださったaiさん、ありがとうございます!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

赤ちゃんを待ち望んでいました①-義祖母の言葉【読者さん体験談1】


不妊治療で泣いたときのこと①-夫の態度ー【読者さん体験談2】


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
ブログバナー用_新LINEでお知らせボタン

◆Twitterではブログに載せていない猫写真なども
ブログバナー用_新Twitteでお知らせボタン

◆Instagramでは過去記事を再掲しています
ブログバナー用_インスタボタン

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 


○●○●○●○●○●○●○●○●○●




訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。
※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 

今日は以前コチラの記事↓で募集した

妊活&不妊治療に関する読者さんの体験談を漫画にしました第3弾です。

全2話になります。

体験談を教えてくださったaiさん、ありがとうございます!
現在1人目妊活のために不妊治療のクリニックに通っています。医師には顕微授精でないと子供ができないと言われ、仕事を退職して通院しているところです。ある時友達数人とビデオ通話をしました。結婚して子供がいる子、いない子、独身の子など状況の違う6人が集まり
会話を楽しんでいましたが、子供のいる友達が愚痴をこぼし始めました。育児が辛いんだなと最初は普通に聞いていましたが・・・
「子供を産むなら○月が保育園に入りやすいからお得だよ!」「子供が産まれたら仕事を探すの大変だから、今からフルタイムで働いていた方がいいよ!」「年収が○円超えると児童手当がもらえないんだよ!」知ってる?と。このような話が数十分延々と続き、他の友人がどう思っているのかはわかりませんがせっかくのビデオ通話が微妙な雰囲気になってしまいました。
育児の具体的愚痴がどんなもんか思いつかなくて「魔の2歳児が~」・・・とか描きました(´;ω;`)

会話としてあんまりリアリティがなかったらスミマセン(´・ω・`)

※私信:体験談を書いてくれたaiさんへ。児童手当の部分を少し表現を変えております。

では次回に続きます!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

赤ちゃんを待ち望んでいました①-義祖母の言葉【読者さん体験談1】


不妊治療で泣いたときのこと①-夫の態度ー【読者さん体験談2】


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
ブログバナー用_新LINEでお知らせボタン

◆Twitterではブログに載せていない猫写真なども
ブログバナー用_新Twitteでお知らせボタン

◆Instagramでは過去記事を再掲しています
ブログバナー用_インスタボタン

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 


○●○●○●○●○●○●○●○●○●




訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。
※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 

今日は先日の記事↓
不妊治療で泣いたときのこと①-夫の態度【読者さん体験談2】

の続きになります。

その後2度の流産がありましたが、何とか無事に娘が生まれました。産後しばらくして、夫が友人と話しているところを偶然聞きました。その内容が私の不妊治療中の様子だとわかり

でもその内容がひどいもので「ずっとのほほんとしていた。お腹の注射のときも採卵も流れた(流産)ときも。悩んでいる様子もなかったし泣き崩れることもなかった」と・・・。心がシャットダウンしました。

その後のことはもうよく覚えていません。ただ怒りに震えていたと思います。今思うのはやっぱり夫は私に寄り添っていてはくれなかったこと。妊活も強制させられている、くらいの気持ちだったのかもしれないと。

残念な気持ちでたまりません。きっと死ぬまで忘れない、苦い思い出です。

不妊治療中の妻の苦しみは夫側にはわかりにくい部分もあるとは思うのですが・・・でもこれは・・・!

流産の時だって、きっと側で様子は知っていたはずなのに・・・

かちこさんが夫の前で泣かないと決めたのにも理由があったのに・・・と体験談を読んで何とも言えない気持ちになりました。

改めて、体験談を教えてくださったかちこさん、ありがとうございます!


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

赤ちゃんを待ち望んでいました①-義祖母の言葉【読者さん体験談1】


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆ライブドアブログ読者賞2020の投票が始まったそうです。
もしよかったら当ブログを推していただけると・・・嬉しいです・・・!!
新しいビットマップ イメージ

◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
ブログバナー用_新LINEでお知らせボタン

◆Twitterではブログに載せていない猫写真なども
ブログバナー用_新Twitteでお知らせボタン

◆Instagramでは過去記事を再掲しています
ブログバナー用_インスタボタン

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 


○●○●○●○●○●○●○●○●○●




訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。
※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 

今日は以前コチラの記事↓で募集した

妊活&不妊治療に関する読者さんの体験談を漫画にしました第2弾です。

全2話になります。

体験談を教えてくださったかちこさん、ありがとうございます!
私は5年ほど不妊治療をしました。その中で泣いたのは2回だけです。一度目はカルテに「不妊」の文字を見て実感したとき。2度目は通院して先生に「今回は(排卵を)飛ばしましょう」と言われて
その言葉にモヤッとした私は、そのことを夫に愚痴りました。
「私はあと何回こんな思いをするのかな?」と泣いていると、隣にいた夫は「言いたいことがあるならなぜ先生に直接言わないんだ?」
そう言って夫はイライラし始めて運転も荒くなりました。寄り添ってくれると思った夫の言葉に涙も枯れ、不妊治療中泣いたのはこれが最後です。
この夫さんの言うことも正しいのはわかりますが、イライラして車の運転荒くなるのはダメー!!

次回に続きます!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

赤ちゃんを待ち望んでいました①-義祖母の言葉【読者さん体験談1】


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆YouTube更新しました


◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
ブログバナー用_新LINEでお知らせボタン

◆Twitterではブログに載せていない猫写真なども
ブログバナー用_新Twitteでお知らせボタン

◆Instagramでは過去記事を再掲しています
ブログバナー用_インスタボタン

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 


○●○●○●○●○●○●○●○●○●




訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。
※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 

今日はコチラの記事↓

の続きになります。
その後大阪へ友人の結婚式に出かけた際
、熱っぽさを感じて解熱剤を飲んで参列しました。

微熱が続いていたのでまさかと思い妊娠検査薬を使ったら、まさかまさかの妊娠!でも・・・
解熱剤を飲んでいたことに不安を覚え、激しく後悔しました

その後産婦人科に行って解熱剤の事を話すと「そんなの大丈夫ですよ」と先生に言われ安心しかけるも
「そんなの気にしたって飲んだものは戻せないし」と。


私の妊活期間は1年ほどです。短いと思われるかもしれません。でも
赤ちゃんを待ち望んでいる間の不安さはきっと共通だと思うんです
多分人によっては「気にしすぎ!」「繊細過ぎるのでは?」と思うかもしれません。

でも心から待ち望んでいたからこそ、わからないことがあるからこそ

その分すごく心に引っかかったり、ちょっとしたことで不安になったりというのは、状況は違えど誰にでも起こることだと思います。

だからって「妊活中だからこっちにめちゃくちゃ気を使って!」と全方位に言いたいわけじゃなくて、こういう気持ちもあるんだよ~と知ってもらえたらいいなと。

それでこんなふうになりましたが、いかがでしょう・・・?ちゃんと表現できているかめちゃくちゃ不安です・・・!

そんなわけで読者さん体験談の第1弾は終了です。

第2弾も現在描いているので、近々UP出来るかと思います(^^)/

改めまして、体験談を教えてくださったきみみんさん、ありがとうございますーー!!

体験談応募はこちらから


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

不妊治療をやめて3年経って思うこと


アラフォー妊活中、気を使われて悲しくなる出来事


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆YouTube更新しました


◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
ブログバナー用_新LINEでお知らせボタン

◆Twitterではブログに載せていない猫写真なども
ブログバナー用_新Twitteでお知らせボタン

◆Instagramでは過去記事を再掲しています
ブログバナー用_インスタボタン

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 


○●○●○●○●○●○●○●○●○●




訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。
※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 

今日は以前コチラの記事↓で募集した

妊活&不妊治療に関する読者さんの体験談を漫画にしました第一弾です。

全2話になります。

体験談を教えてくださったきみみんさん、ありがとうございます!
29歳で結婚して、すぐにでも子供が欲しかった私たち。

カーテンをピンクにしてみたり、妊娠しやすいとされるグッズを並べてみたり、私たちなりに赤ちゃんを待ち望んでいました。

夫に「週末家の実家に行こう」と言われ出かけました

おばあちゃんに挨拶していろいろ話していたら「それにしても」
「なかなかお腹がふくらまないね」と言われて、それはなかなか妊娠しないね、という意味だとすぐにわかりました。

私たちの子供を、つまりはひ孫を楽しみにしてくれているのはわかるのですが、言われた時はショックでした。
次回に続きます!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

ところでこちらの募集記事で
妊活・不妊治療に関する体験談募集中

確認事項の中に

「体験談の内容確認でこちらからご連絡することはありません」なんて書いちゃってましたが

スミマセン!ご本人に確認しないとかけなさそうなお話も出てきまして・・・💦

場合によっては、頂いたメールアドレスの方に内容を確認することがあるかもしれません。

募集記事の方も修正しますので、よろしくお願いします!!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

不妊治療中「体外受精をやらないなら諦めて」と初めて言われたときのこと


不妊治療を辞める前の気持ちを知りたい①


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆YouTube更新しました


◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
ブログバナー用_新LINEでお知らせボタン

◆Twitterではブログに載せていない猫写真なども
ブログバナー用_新Twitteでお知らせボタン

◆Instagramでは過去記事を再掲しています
ブログバナー用_インスタボタン

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 


○●○●○●○●○●○●○●○●○●