【漫画】妊活は忍活?!アラフォー不妊治療体験記-その後-【妊活】

アラフォー、低AMH、男性不妊アリの長い不妊治療体験記。現在は不妊治療を終えその後の日々を漫画にしています。まだゆる妊活は続行中!

オススメカテゴリー

タグ:不妊治療

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


今日は「第102話、とうとう判定日」という話です。

第102話_1心臓が飛び出るかと!こんな緊張は受験以来です・・・。

 

第102話_2

前日にフライング検査をすることもなく、ぶっつけ本番で挑んだ判定日です。
血液検査をしてから診察まで小一時間ほど、緊張しまくって身動きが取れないくらいでした。
そして結果は・・・・・・・・・・・・

悲しい陰性でした。ハイかすりもせずー。

先生の「ダメでした」という言葉が耳に入って脳で処理された瞬間、本当に上からタライが落ちてきたような衝撃を感じましたよ。これマジです。

次回へ続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


90話 採卵を終えて

採卵後、恐怖の診察室にて、結果発表!

卵子!減ったYOーーーー!!
結果、2個採卵。

まあ追加の1個は途中出現した卵ですから、そんなもんですかね…

でもやっぱりショックで、淡々とした先生の声がとても遠くに聞こえました。

 

この後、昼ごはんの買い物をしてすぐに帰宅しましたが、麻酔の影響なのか車酔いのような状態が続きました。
食欲もな、くひたすらきぼぢわるかったのを覚えています。

 

一日経つと、すっかりよくなりましたが・・・やっぱり麻酔は麻酔。
身体に何かしら影響はありますね~。

初めての採卵編は長くなりましたがこれにて終了!

次はドキドキの受精確認です。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


採卵は無事に終わったものの・・・?
88話採卵を終えて_1

88話採卵を終えて_2

なんとか無事に採卵は終えたものの、回復室で横になるとズキズキ右腹が痛くなってきました。

左腹はすーんと何ともないのに!何でーーー!?
採卵予想は左卵巣3個、右卵巣ゼロのはずですが

「も、もしかして、右卵巣も刺してみたら、うっかり卵が採れたとか!?」

と、ここにきてほのかな期待もムクムクと!

看護師さんには
「ゆっくり寝てくださいね」
と言われるものの

痛みで全然寝れネェー!まだ麻酔も覚めきっていないらしくすっごく眠いのに、うつらうつらしてもすぐに痛みで覚醒!の繰り返し。つらたん。

仕方なく看護師さんに痛みを訴えてみたら

「じゃあ、痛み止めの座薬を入れましょう☆」

とソッコーで対処してくれましたYO!
手際よくすぽっと入れてくれましたYO!!
さすがプロ・・・!!!でもちょっと恥ずかしかった!!

そんなわけで、次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


いよいよはじめての採卵日当日がやってきました!
85話採卵日当日

指定時間に来院して、まず現ナマで採卵費用をお支払いします。さようなら諭吉達よ・・・。

その後回復室という個室に通され、簡易手術着のようなものに着替えます。
そこでまずは麻酔の効きやすくなる注射をブスリ。(痛いやつです)

その後、いよいよ本格的なオペ室みたいな場所へ移動し、ベッドで横になります。(マタを開いて両足固定)

何されるの?!痛いことするの?!って、これがまた恐怖心をあおりますね…。

ド緊張です。

そして点滴から採卵前段階の麻酔を入れました。
これが・・・珍しい不思議体験をさせてくれましたYO!(私史上初)

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


採卵日決定

採卵日決定_2

誘発剤を増量して3日後、再びの卵胞チェック。
この時点でD15でした。

誘発結果がもう不安で不安で、

「仕切り直しした方がいいのでは…?」

と喉から何度も出かけましたが。

先生は卵が見えるなら採りに行こう派。
もし仕切り直ししたとしても、卵が増えるとも限らない・・・

・・・・・・。

・・・・・・。

ああもう!ここで悩んでいても仕方がない!
せっかく誘発したし、ちゃんと受精するか、分割するかも確認したい!

検査も兼ねた治療っていう言葉にはちょっぴり引っかかりましたが)
ってなわけで・・・とうとう採卵日決定です。

翌日の午後9時半に提携病院にてHCG注射を打ち切り替え、その翌々日に採卵日となりました。

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


悲しき卵胞チェック卵胞はやっと1個増えて、左に3個となりました。
誘発も後半戦、この時点で増えるのってどうなの、嘘卵胞じゃないの(嘘ってなによ)っていう気にもなりますが☆

しかし全体的に卵胞がまだ小さいとのことで、ゴナールエフが倍量になりました…
それに伴い、ガニレストも延長です。

その分お会計が・・・!アワワ!!ガクブル!!
1回の通院で5万近くかかる(しかもニコニコ現金払い)と、さすがに少々恐れおののきましたよ。さすがのセレブ注射。

そして受付の人の一言。

うん、料金、高いお??
共感してくれるのは嬉しいんだけど…。
病院側の人に「高い」って言われると、なんかちょっと複雑な気分ーー!!!

そんなわけで次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


初の採卵周期スタート

とうとうお初の採卵周期がスタートしました!

そしてこれまた初の、自己注射も始まります・・・。

体外受精の排卵誘発法には色々ありますが、こちらではアンタゴニスト法推しってことで、私もそれでGOが出ました。

自己注射、ちゃんと出来るかな・・・
卵はちゃんと育つのかな・・・

いろんな不安はあるけれど、進むしかありません!

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


いよいよ高度治療領域へ


さー、いよいよ38歳!
リセットしたからと、落ち込んでいる暇はなし。

こうなったら満を持して(?)、高度不妊治療の領域へ進みます!

と覚悟を決めたところで、次回へ続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


顕微並みって言われる


最後の人工授精後日(トータル7回目)、排卵確認のため通院しました。

今回は特に精液所見が悪く(濃度:4000万/運動率:10%)で
人工授精をやるにもギリギリと言われていましたので

「採卵日の精液所見が今回のAIHと同じくらいだった場合、体外・顕微のどちらになるか」

を確認したかったんです。

その答えは即答で「顕微」とのことでした。

・・・・・・。
・・・・・・。
・・・・・・。

10万円UPか…(そこかよ)

というのは置いておいて

我が家の不妊原因として
私の高齢とか内膜症既往歴の他に、男性不妊もあるのかなーと思った出来事なのでした。

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


治療の不安を吐き出そう


体外受精&顕微授精の料金表を夫に見せたところ・・・やっぱりびびってました。
ダヨネーデスヨネー

数字の破壊力、すさまじい!!

特にこのクリニックの料金表は何というか、おおざっぱで。

体外受精・・・30万
顕微授精・・・40万

とざっくり大まかにしか書いていなかったんです。(誘発費・移植費別)

HPに費用の記載があるクリニックって大抵採卵にこの金額、受精・培養にこの金額~という風に、段階ごとに書いてありますよね。

でもこうして二人で不安だ不安だ言ってたら、なんか気持ちがスッキリしましてん。
口に出して気持ちを分け合うのって大事なんだなーと思った出来事でした。

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


声のデカイ受付の人に苦悩した時の話です。
声デカイよ?

ここのクリニックの受付さんは、基本声がデカかったです。
しーんと静かな中でもおかまいなしに私語も多かったなー。

 

で、先生に言われた通り、料金表を頂くべく受付に申し出たところ

「人工授精じゃなくて、体外受精の料金表ですか!?」

とデカイ声で聞き返されたーー!!!

えっ!!!

このクリニックで体外受精をやる人なんて珍しいってこと?!

と、かなりグルグルしちゃいました…(そしてその予感はあたってるぽい)
しかも人工も体外も、同じ用紙に料金が書いてありましたYO!

ますます聞き返した意味ーーー!!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


68話検索魔


妊活中は、何かっちゅーと検索魔になりますよね~。

ほんで高度生殖治療、カネかかりますね~。
わかっちゃいたけど、体外受精へステップアップの最大ネックは金ー!

人工授精までとはケタ違いになりますもんね。

「我が子に会えるならお金なんて惜しくない!」
なんてきっぱり言えるわけもなく。

 

いや!100パー授かるのならまだ全然いいんですけど、意外に低い妊娠率。(前にも書いた気がします、この言葉)

賭けですよね…。
不妊治療がギャンブルに例えられるのもわかります。

そして体外受精へステップアップするなら、転院するか、現クリニックでやってみるかの判断。

リロさんは「わざわざ都内まで行かなくとも、病院なんてそれほど違いはないんじゃ?だったら今の病院でいいのでは」派。

私は・・・もはや思考停止。(オイ)

でも元々は体外やらなくていい派だった夫が、ここまで譲歩してくれたってのもあり、ここは夫の意見を尊重して、転院せず現クリニックでのステップアップに決めました。

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村


赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


67話体外受精の話合い


ちょっと絵でうまいこと表現できなかったのですが…

しばらく夫の仕事が忙しい&私の卵胞の育ち悪い→強制リセットなどで足踏み状態が続きました。

私ももうすぐ38歳。
さすがにちょっと焦りも出てきます・・・

「体外受精へステップアップ」の文字が脳裏にちらつきます・・・

まだ自分の中で、体外受精に進むかどうかを決心していたわけではありませんでした。

ただ、「自分がやる気になればいつでもやれる」状態にしておきたかった。

そのためにはリロさんの承諾は必須。

以前ちらっとリロさんに「体外受精はどう?」と何度か話したときには「いや、そこまでは・・・」と消極的な態度でした。

正直私もそのころは

「そこまではやらなくても…」って思ってましたからまあよかったのですが。


ので今回もリロさん的には

「体外受精まではやらなくてもいいんじゃない?」

と言われるかなとも思っていました。

 

しかし違ったーー!

何度か人工授精までやっていて妊娠しないこの状況になって、お互い考えは変わってきていましたね。

夫が「子供が欲しい」ときっぱり言ったのも、この時が初めてだったかもしれません。

そんなわけで「体外受精まではやらない・・・」から

「体外受精もやむなし」

へ方向転換していく我が家の妊活なのでした。
次回へ続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村


赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


今日は前回記事第62話 すべて水泡に帰すのかー1-
の続きで

第63話 すべて水泡に帰すのかー2-
という話です。

63話すべて水泡に帰すのかー2-


もちろんわかってるんです!

仕事が大事だってこと!!
リロさんが頑張って働いてるってこと!!
だからこそ生活できてるんだってこと!!

わかってるんですよーー!!

でもでもでも、人工授精にこぎつけるため
何度も通院して、嫌な内診して注射して~なんてやってて

それが全部無駄になるかもしれない・・・と思うと・・・

す、少しだけでも申し訳なさそうに

「ゴメン。仕事でどうしても無理なんだ」
って言ってくれたらいいな~なんて。

妻のつまんない(シャレにあらず)わがままかもしれませんが。

4コマ目は心の中の叫びです。
口には出さず(態度には出てたかも☆)、ぐっと堪えました。

次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


62話すべて水泡に帰すのか-1-
とりあえず体外受精に進むかどうかはさておき、
今やれることをやろう!と
6回目の人工授精に向けて卵胞チェックと卵の育成に勤しんでいた頃。

リロさんの激務に拍車がかかりまして、深夜残業&徹夜がホイホイ入るようになりました。
私はというと、卵がなかなか育たず注射もしていました。

この時人工授精はあくまでも自然周期でやっていたので、
急に施術日が決まるなんてこともしばしばです。

そしてちょうど排卵期に、、徹夜になるかも宣言。

ええーーーー!!
まじですかーーー!!
わかってるんです!仕事大事です!!
わかってるんですけどね…。

モヤモヤしつつ、次回に続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


体外受精やるのか問題


これは未だに考えることです。
体外受精、やるのか問題。
「そこまでして本当に私は子供が欲しいのか?」と。

何度も何度も考えました。
そして答えは、その都度コロコロと変わります。

100パー授かれるならばぜひにやりたいですが、いかんせんそうではない・・・。

高度治療を受けたからと言っても、妊娠できるのは20パーセントとも30パーセントとも聞きますよね。

そして、年齢が上がればどんどん確率は減ってゆく・・・。

もしうまくいかなかった時、何も得られず治療費だけがかかった事実を前に後悔しないのか?とか色々悩みまくりました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ