【漫画】妊活は忍活?!アラフォー不妊治療体験記-その後-【妊活】

アラフォー、低AMH、男性不妊アリの長い不妊治療体験記。現在は不妊治療を終えその後の日々を漫画にしています。まだゆる妊活は続行中!

オススメカテゴリー

タグ:人工授精

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


前回記事
第34話 人工授精をやるぞ!-1-の続きで
第35話人工授精をやるぞ!-2-です。よろしくどうぞ。
35話初人工授精へ!-2-

いよいよ人工授精当日です。

精液採取後、リロさんがしょぼんとしてたので

「どうした?!まさかこぼしたとか!??」

なんてビビりましたけど、どうやらそもそもの量が少ないと嘆いている様子。

うーん、男の人って精液の量を気にしがちじゃありませんか?

精液検査の時もそうでしたが、ほぼ透明の容器で可視化されると、余計に量が気になるんでしょうかね。

これもいわゆる、オトコのメンツ的なものなのでしょうか?

あまりにも少ないとそれはそれで問題でしょうが

ちょっとでもあれば大丈夫だYO!
どうせ遠心分離にかければさらに少数精鋭だぜ!!


と心の中で思ってました。

何となーく口には出せませんでしたけど☆

さあブツ(精子)は手に入れた!

ダッシュでクリニックへ行くぜー!ってところで次回に続きます。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

海原こうめと申します。訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


本日は第34話人工授精をやるぞ!-1-
という話です。
34話初人工授精へ!-1-

遅ればせながら、やっと人工授精に踏み切りました。

人工授精の「人工」ってのが響き悪いですよね。

いかにも人の手が入ってる?!ってびびらせおって。

でも実際は手を加えてるといっても

精子を濃縮・洗浄して、子宮奥まで入れてあげるだけ。

プロセスはあくまでも自然妊娠と同じだし、受精するかしないかは精子と卵子におまかせだし、もちろん目で確認できないわけで

すんごーく自然に近い方法だと思います。

イケメン先生のクリニックには採精ルームがなかったので、精子は持ち込みがデフォでした。

持ち込みルールはクリニックによって様々なので、あくまでも私の経験上ということをご了承くださいませ~。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村


赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


今日は人工授精やる?やらないってお話です。
31話

リセットの使者、ナプキンマン(勝手に命名)が召喚されました。

それにしても、リロさん曰く連続タイミングとか・・・!

この頃の夫の勤務体系は夜勤が多かったので、あまり2人の休みも合ったり合わなかったりでした。

そうなると連続連夜のタイミングなんて絶対絶対無理なんですよう~。

排卵日を逃したらその周期がおじゃんになるって、限られたタマゴが大事だってまだわかってもらえていない様子。

せっかくのゴールデン期間もあまり活かせず!残念!!

次はちょっと余談編を二本挟んでからの、人工授精編に突入します。

相変わらず年齢の割にのんびりペースの治療ですが…。

引き続きあったか~い、まったりした目で読んで頂けたら幸いです。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


第26話 どんづまってクリニックへ相談の続きです。
27話ご決断を
イケメン先生のお話をリロさんに伝えたところ、ようやく精液検査へ進む決断をしてくれました!

本音は「すっごくイヤ」ってダダ漏れですけどね・・・

それでも決めてくれたのは、とても嬉しかったです。

まずは検査の確約を取りたかったので、そこはクリアー!

本当はすぐにでもお願いしたかったけれど(検査の結果によっては次の対応も変わってくるし)、そこはリロさんの気持ちを考慮して、次の周期でチャレンジすることになりました。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


今回はゴールデンウィークならぬ、ゴールデン期間のお話です。
22話ゴールデン期間なのに

我が家で初めて
「”人工授精”のワードが出てきた日」

のことでした。

「タイミングを取る!」ってなると、その前にお酒をちょいと飲んで気分をあげつつ・・・なーんてところに落とし穴。

うちの夫はお酒にあまり強くないので

ソッコー「頭痛い・・・」なんてことも!
ウワアアア酒!

まんまと逆効果ーー!!

この頃は、ケンカというと「タイミングを取る・取らない」のことばかりだった気がします。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


今日は精液採取カップについて。

自宅精液採取のつよ~い味方、精液採取カッーーップ!

これまでいろんな病院でコイツにお目にかかりましたが・・・
精液採取カップ1

共通点=デカイ

でした。
「採取後の運搬時は人肌の温度がいいから、胸の谷間に入れて持ち運ぶ」

って、以前はネット情報でよく見かけた記載ですが、ありえないんですけどーー!!

谷間があるかないかの問題じゃなく、物理的に収まらないYO!
(最近はタオルやホイルに包んでバッグに入れて持って行くのが主流でしょうか)

まー、運搬係になる女性側の立場では

「デカ!邪魔!もっとコンパクトにならないの?」
なんて思いがちですが、オタマを直接入れる男性側は

「イヤイヤ、その大きさ必要だし!」って言うんでしょうね。

まず第一の目的は、無事にもれなく採取できること。

せっかく出そうとしたオタマを、ケースが小さいせいでうっかりこぼしてしまったら・・・大参事!

こぼしたのをかき集めるわけにもいかず、またすぐ新しいのを出せるわけでもなく。(え?ですよね?)

なので運搬時の迷惑さは二の次三の次、大事な役割のカップなのね・・・というオチのないお話でした。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村


赤ちゃん待ちランキングへ

1
2

<<総合目次に戻る>>