【漫画】妊活は忍活?!アラフォー不妊治療体験記-その後-【妊活】

アラフォー高齢、男性不妊アリ、タイミング法から体外/顕微授精までの不妊治療体験記ブログ。現在は不妊治療を終えその後の日々を漫画にしています。まだゆる妊活中、夫婦2人と保護猫2匹で生活しています!

オススメカテゴリー

タグ:大島

訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。
このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。
※リアルタイムではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)
 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
大島さんのイベント~今だから言える!妊活〇〇話~に潜入!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

さてさて3/9日に、以前こちらでも告知させてもらった森三中大島さんのトークイベントに行ってきました。

場所は新橋、オレンジページサロンです。
大島さんのトークイベント_1
こういうイベントには初参戦なのでワクテカ☆浮足立ちますね。

どんな話が聞けるかな~が半分、でも私だって妊活歴だけはやたらと長いんだから!(自慢にならない)ちょっとでも疑問があればぶつけてやるぜ!くらいの勢い(勢いだけ)が半分以下。

会場は多分満員御礼。後ろの方にはマスコミがずらっと。おお~さすがは芸能人ですな。

まあもちろんすぐに主役が登場するわけもなく。
まずは女性の様々な不調にいいというなつめの宣伝がスタート。その後はロート製薬の排卵日検査薬についての宣伝・・・

宣伝ナゲエェェ(´・ω・`)

授業をじっと聞いていられたのははるか昔のアラフォー(私)

いやいやわかってるんですよ。
排卵日検査薬は大島さんがCMキャラだし、なつめや化粧品のお土産もすでにもらっちゃってるし!

大人の事情ってやつですね(まとめた!)



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
やっと大島さん登場!アレ?
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
P3090005
そろそろ集中力が切れてきた…というところで本日の主役、大島さんが登場!やっと!!オオオオオオーー!!(コーフン)

第一印象は
「アレ?思っていたより小さい」

出産~育児で痩せたのかな?テレビだと大きくふくよかに見えるけど、実物は全然そこまでじゃなかったです。インタビュー形式で早速トークが始まりました。

やはり同じ妊活体験者のお話は、あるあるの連続で面白い!

大島さんが妊活休業に入ってがらっと生活を変えることになっても、夫のおさむさんは「俺は生活を変えない」と豪語されてけんかになったとか(会場中おさむに軽イラ)

検査結果や治療内容は逐一オットに報告して「報・連・相」で巻き込んだ、とか。

これもすっごくわかる!うちもやっています!
実際にクリニックに多く通うのは妻ですもんね。小さなことでもちゃんと夫に報告して、治療への参加意識を少しでも高めるのは大事でっす!



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
そして己の敗因を知る・・・
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
そう・・・大島さんは妊活休業に入ったら即生活を変えたんですね。

それまで2度の流産を経験していたのもあるから、なおさら意識は高かったのかもしれません。それだけの覚悟もあった。そしてそれがキチンと実を結んでいる。

一方の私は・・・以前も書きましたが

↓このへんの記事
お知らせ☆大島美幸さんの妊活トークイベント


医療ばかりに頼りすぎて、食生活や生活習慣を変える努力を怠ってしまった。年齢だっていっちゃってるのに。

あと結果が出ないからといって、すぐにポイとやめてしまったり。
ネット情報に踊らされ、あれやこれや手を出してはすぐ飽きてを繰り返し。

そしてイマココ。

気づくのが遅かったか…!!
いつもありがとうございます_3
心を入れ替えて生活習慣を変えてから1年ほど経ちますが、私の卵子が間に合うかどうか・・・?



あ、それから大島さんの話で印象深かったのは
「妊娠してなかったらやりたいことリスト」 を作ったというところ。

「お?これ大丈夫なん・・・??」と心配したら、そこはさすが。

酒を飲むなどの体にマイナスなやりたいことではなく、「親を温泉に連れて行く」「足ツボに行く」などのあくまで前向きな楽しみのリストだそうです。

ああ毎月リセット(生理)を迎えると、ヤケを起こして「リセット祭りだーーい!」とか言って飲んだくれ食いまくりだったかつての自分を殴りに行きたい。

大好きな酒を飲まずにガマンする方がストレス!なぁぁんてよく言いましたが、それより結果の出ない妊活(不妊治療)を長く続ける方がよっぽど辛いですYO!


大島さんも言っていましたが、「妊活(不妊治療)は期間を決めて行う」「その期間はキッチリ頑張る」てのがやはりいちばんの近道かと思いました。

それでもうまくいかないことだってもちろんあるけど・・・その先の答えはそれぞれ夫婦次第。
その答えに良いも悪いもない、それぞれの生き方ですよね。

さあ我が家もいつまで頑張るか、絶賛お悩み中ですYO!


ランキング2か所参加中です。クリックして頂けると更新の励みになります! 
ブログランキング・にほんブログ村へ


↓LINEで更新情報を受け取れます☆


イベントの最後に、大島さんから参加者一人一人に直接本を手渡してもらって握手させてもらいました。手がめっさ柔らかかったー!!

貴重な体験ができて本当によかったです。
声をかけてくれた赤星ポテ子さん、ありがとうございました!

明日は通常更新で、妊活漫画の続きになります。

訪問いただきありがとうございます!このブログはアラフォーながら、1人目妊活にチャレンジする夫婦の日常などを漫画にしています。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ)


妊活の印象1~3コマ


 

 

 

 

 

4コマ目


 

 

 

 

 

 

 

5コマ目象


 

謎のドヤ顔。

これは2年以上前の話ですが、いわゆる「妊活」という言葉から連想するのは

たくさん夫婦生活を持つ

ってのがまだまだ一般的だったかなーと。

最近だと少しは世の中に浸透してきてるんでしょうか。
(東尾理子さんとか大島さんとか元AKBの川崎さん等、妊活を公言する有名人が増えたし)

 

「旦那さんとやりまくってるんだね」のくだりは

言われた人によってはムキー!!セクハラ!となる言葉ですが、この友人は昔からあけっぴろげに何でも話してきた相手なので全然気になりませんでした。

むしろ

「コヤツ!相変わらずだな!w」

と安心しました。

次回へ続きます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

赤ちゃん待ちランキングへ