訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。
※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 
コメントとメッセージをありがとうございます。 
ひとつひとつにお返事できず申し訳ありませんが、全部嬉しく読ませていただいています(^^) 

今日は前回の記事↓

の続きになります!
不妊治療の事は家族以外に話していませんし、友人に理解して欲しいと思うのは無理があるのは分かっています。ただ、私がフルタイムで働かないのは通院があるからですし不妊治療をしている私にとって子供が産まれてくる月を調整する暇もありません。毎月が勝負なんです。
友人同士でも年齢を重ねてくると状況が変わってきます。結婚や子供、みんながそれを手にしているわけではありません。「自分にとってあたりまえ」という考えを相手に押し付けたり、聞かれてもいないアドバイスをするのは不要だと思います。私も人と話すときは相手の立場に立とうと深く考えさせられた出来事でした
友達同士の付き合いも、色々考えるものがありますよね。

相手はきっと悪気が無いパターンも多いし、きっと良かれと思って言ってくれてる・・・はず・・・?。

むしろ「こういうのを気にする自分が性格悪いのかな・・・?」と自分を責めたり落ち込んだりすることも、私はありました。

でも落ち込むだけじゃなくて、自分を振り返ったり知ることも学ぶこともきっとたくさんあるから、不妊でも悪いことばかりじゃない!(よかったとは言わないです)なんてこのお話を描きながら考えていました。

改めて体験談を教えてくださったaiさん、ありがとうございます!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

赤ちゃんを待ち望んでいました①-義祖母の言葉【読者さん体験談1】


不妊治療で泣いたときのこと①-夫の態度ー【読者さん体験談2】


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
ブログバナー用_新LINEでお知らせボタン

◆Twitterではブログに載せていない猫写真なども
ブログバナー用_新Twitteでお知らせボタン

◆Instagramでは過去記事を再掲しています
ブログバナー用_インスタボタン

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 


○●○●○●○●○●○●○●○●○●