訪問いただきありがとうございます!海原(うみはら)こうめと申します。

このブログは不妊治療を終えた夫婦のその後、日常やら猫との生活などを漫画にしています。
※リアルタイムの話ではありません。

このブログについて
はじめから読む(第1話へ)
目次(総合目次へ) 

読者さんの妊活体験談15-④(最終話)

今日は前回記事↓

の続きになります。

※妊活体験談のコメント欄は閉じています
そもそも友達への劣等感から始まった不妊治療でした。治療を始めた頃は夫とケンカばかりでしたが

時間の経過とともに夫とのきずなが深まり、無償の愛を感じることがたくさん増えました。

夫は「のん(私)と一緒にいられればそれで幸せ。だから笑顔で元気でいて欲しい」常にそういってくれていました。この人と結婚して本当によかったと思いました。不妊治療ではたくさんのお金を使ってしまいました。でも

夫とのきずなが深まり、決して無駄なお金だったとは思っていません。またいつか、心から子供が欲しいと思ったら治療を再開するかもしれません。

でも今は、心から楽しんで働ける環境に移りたいと思い転職活動を始めました。今ものすごく久しぶりに、自分の人生を生きている。そんな感覚があります。
←前のお話

※こちらは個人の体験であり、東洋医学や鍼灸院などを否定するものではありません。

私も、不妊治療をしていた5年間、特に顕微授精になってからの後半戦は自分の中で「失われた時間」のような感覚があって

こんなことしたいな~という小さな願望ひとつについても「いやいや、まずは子供が先でしょ」「不妊治療があるからあれもできないこれもできない」と自分を押さえつけるところがあったなと。

そうはいっても我慢ばかりできるものでもないから、結局はそれなりに好きなことをやっちゃってた気がしますが

ともあれ「でも治療が・・・妊娠が・・・」とまず先に考えなきゃいけないってのはやっぱり辛いところで、自分の好きとかやりたいこととかに気持ちを馳せる余裕がなかったなと。

漫画の中ののんさんの、不妊治療から一度離れたことで「ものすごく久しぶりに自分自身の人生を歩んでいる感覚がある」というところが、特に自分に重なりとても共感したので描かせていただきました。

最後にあらためて、体験談を教えてくれたのんさん、ありがとうございました!

☆次の体験談はコチラ↓

ブログバナー用_体験談をはじめから


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

◆こちらから読者登録をするとLINEに更新通知が届きます
ブログバナー用_新LINEでお知らせボタン

◆Twitterではブログに載せていない猫写真なども
ブログバナー用_新Twitteでお知らせボタン

◆Instagramでは過去記事を再掲しています
ブログバナー用_インスタボタン

◆ランキング2か所参加中です。クリック頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ 


○●○●○●○●○●○●○●○●○●